2019年1月27日日曜日

Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ⑥ 傷害、暴行、脅迫

事件番号 05
〈傷害〉
勤務先のバーで・・・



キッチン横で店長発見。

※画面タッチ/クリックで大きくみられます。









〈傷害罪〉

か、噛まれたぁーーーーー!!!!
女神さまになんてことを!!!!!

事件番号 06
〈暴行〉〈脅迫〉
正当防衛を主張します

〜事件番号05の続き






Jazzyはグーで店長の左頬を殴打。
〈暴行罪〉



大声で叫んだため
従業員2~3人が駆けつける。
Jazzy負傷。店長は不明。




〈脅迫罪〉



事件番号06は
私が加害者でしたw

これは7〜8年前の事件です。
当時 怪我の状態を
写真に収めたのですが
見つからなかった…。
引くくらいの大きな
青アザですよ!!!

人に対して「死ね」と発言したのは
このときが人生初です (*_*)
グーパンチもおそらく初めて!

ちなみに店長とは
仲直りしました☆〈和解〉

 


〈暴行罪〉〈傷害罪〉
の違いはなにかというと・・・

暴行によって怪我が生じない場合は
〈暴行罪〉
怪我が生じた場合は
〈傷害罪〉となります。



この怪我の度合いですが、
どんなに小さくても怪我として
認められる場合があります!

私が裁判で見た中で
怪我の程度が軽微だと思ったのは

・キスマーク(すごく小さい皮下出血)
・キスの際に唇が切れた

これらは傷害として認定され、
強制わいせつ+傷害=
〈傷害致傷罪〉になってました。

髪の毛を切る、または抜く行為は
〈暴行罪〉でいずれも有罪判決!

強制性交等の女性被害者が事件前に
男性経験がないと、処女膜裂傷 という
傷害を負ったことになり
〈強制性交等致傷〉になります。

肛門に指を入れられて
肛門炎 の傷害を受けた
強制わいせつ致傷も
見たことがあります。
これは処女膜裂傷に近いですね。

また、これは珍しいケースですが
強姦被害に遭った女性が
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
になったとして
〈強姦致傷罪〉として
有罪判決になった例があります。
強姦被害に遭ったほとんどの被害者が
PTSDになるのは当然なので、
それを踏まえて、元々重い法廷刑が
定められているのに
あえてそこを傷害として
1段階重い〈強姦致傷〉にしたのは
検察官の執念がうかがえました。
※すごく悪質で被害者多数。懲役20年超。

嘔吐、失神、むちうち症、病気の感染、
意識障害を伴う急性薬物中毒なども
傷害に当るようですが
まだ裁判で見たことはありません。

「意識障害を伴う急性薬物中毒」は
経験アリ。たぶん薬物を盛られました。

またの機会にお伝えします〜 ( •̀ㅁ•́;)


裁判ランキング

Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ①
Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ②
Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ③
Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ④
Jazzy的犯罪被害の傾向と対策 ⑤番外編

下のバナーを一回踏んでから
アマゾンで好きなものを
お買いものしていただけたら
Jazzyの生活が
少しうるおいます (〃ω〃)



↓こちらのブログもよろしく♡
jazzytokyo.hatenablog.com

www.instagram.com

twitter.com

0 件のコメント:

コメントを投稿