このブログを検索

2019年2月6日水曜日

【初傍聴】逃亡犯罪人引渡審査請求 ①

2019年2月4日 15:00
東京高裁 622号法廷
第5特別部
合田悦三,竹下雄,青木美佳
(東京高裁 第12刑事部の裁判官)
平成30年(て)第〇〇〇号
審理判決の別:審問

罪名:
逃亡犯罪人引渡審査請求


逃亡犯罪人名:〇〇〇〇
50代男性(勾留中)



検察官1♂、補佐弁護士1♂
通訳人1♀

傍聴席の様子は・・・
検察官3名♂
関係者?弁護側に4名(2♂、2♀)
外国人女性と日本人女性
(分からない言語で会話している)
一般傍聴人は私含めて5人くらいカナ。

ものすごい睨みをきかせて
逃亡犯罪人が入廷します。
なんか、めちゃめちゃ怖いです ( •̀ㅁ•́;)!!!!
             
人定質問

生年月日:19〇〇年〇月〇〇日
国籍:中華人民共和国
日本国内住所:なし
職業:貿易商





審問の内容

裁判長:あなたについては
チェコ共和国から逃亡犯罪人であるとして
身柄を渡してくださいとの請求が
日本に対してなされています。
その請求の内容について
引き渡すことができるか裁判所が
審査することになります。
審査では、あなた、補佐弁護士、検察官の
意見を聞かなければならない。
本日はその手続のために来てもらいました。
傍聴人のいる公開法廷で行うことに
異論はないですね?

逃亡犯罪人:はい。

●・・●・・(´・ω・`)・・●・・●

チェコで犯罪行為を行った中国在住の
中国人男性が、観光目的で来日した際に
逮捕された事案!

逃亡犯罪人の意見陳述書は
すでに提出されていますが
法廷でも補佐人からの質問形式で
意見陳述が行われることとなった!!!
被告人質問みたいな感じです。

【初傍聴】逃亡犯罪人引渡審査 ②に続く~☆
 ※近々アップします。



外国で罪を犯した人が日本で捕まった場合に
身柄を引き渡すかどうかの判断をする権利が
日本にある?????

それが日本人だったら
分かるんですよ、本当に犯罪を行ったのか
調べてからじゃないと渡したくない!ってね。
でも本件はたまたま観光に来た中国人。
なんともビックリな事案です!!!!!

チェコに渡すかどうか悩んじゃう理由は
結構すごいです (*_*)!!!!!!ドラマ作れそう。
とはいえ、、、
なんか面倒臭いから中国に帰しちゃって、
中国とチェコで決着つけてください!
ってことにはできないんですかね???

●・・●・・(´・ω・`)・・●・・●

この様な表現は不謹慎ですが、、、

今までで一番興奮した傍聴でした!

開廷表でこの事件を発見したときの
胸の高鳴りは尋常じゃなかったです。


「逃亡犯罪人名」ってなんだぁぁぁ♡
※普通は「被告人」と書かれています。

絶対に絶対に、何がなんでも傍聴しなければ!
もしその時、大好きな松田翔太さんや
大森南朋さんとデートできることになっても
確実に逃亡犯罪人を選んでいたでしょう。
「これ傍聴しなかったら100万円あげる」
と言われても傍聴しましたwww
それくらいの興奮度です (º ロ º๑)!!!

すぐに法廷に向かったのですが、
開廷30分前で、誰も並んでなかった。


⇑ 開廷表再現

審理内容が「審問」!!!!
通常「新件」「審理」「判決」です。
「審問」なんて見たことありません。

そしてそして「第5特別部」
かっこよすぎるぅーーーー!

東京高裁第12刑事部の裁判官が
第5特別部を兼任?してるんですね?

この「特別部」っていうのは
地財高裁にもあるみたいなんだけど
高裁刑事にもあった!

事件番号の符号(て)も初めて!

裁判を傍聴して今年で6年目ですが
とにかく全てが初めて (´;ω;`)♡♡♡

こんな貴重な手続きを傍聴することが
できるなんて・・・・
裁判所に通い続けた甲斐がありました。
ありがとう、ありがとう。
公開してくれた合田さんに感謝 m(_ _)m

傍聴中は、常に心拍数がすごいことに!
いや、ホントに、
こんな気持ちになったのは初めてです。
手続は30分間行われたのですが、
その間ずーーっとドキドキです。
終わったあとも
しばらくおかしかった。

感覚的には、ものすご---く好きな人との
初デートみたいな感じ (*´Д`)♡



実は一睡もしていないオール状態で傍聴し
帰ってから仮眠して仕事に行こうと
思っていたのですが
興奮しすぎて変なテンションになってしまい
全然眠れなかった (´・ω・`;)


裁判ランキングへ

下のバナーを一回踏んでから
アマゾンで好きなものを
お買いものしていただけたら
Jazzyの生活が
少しうるおいます (〃ω〃)



↓こちらのブログもよろしく♡
jazzytokyo.hatenablog.com

www.instagram.com

twitter.com

0 件のコメント:

コメントを投稿