このブログを検索

2019年2月1日金曜日

【覚せい剤】密輸量と量刑

2019年1月29日と25日に
判決を言い渡された
2つの覚醒剤密輸事件。

この事件には
共通点が多かったが…

ブツの量が
全然違った (・o・) !!!!!

私はあまりドラッグ系は
傍聴したことがなく
全然詳しくないので
気になっていました。

押収量によって
量刑は大きく変わる ???


今回の日本に覚せい剤を
密輸しようとした被告人はこの2人。


・覚せい剤取締法違反
・関税法違反
・覚せい剤取締法違反(使用)


・覚せい剤取締法違反
・関税法違反
・国際的な協力の下に
規制薬物に係る不正行為を
助長する行為等の防止を
図るための麻薬及び
精神薬取締法等の特例等に
関する法律違反

【共通点】

2人とも薬物の入った郵便物を
受け取るために来日し
アパートなどに短期滞在。
覚せい剤を隠匿した郵便物は
被告人宛て。

【相違点】

ジョセフは組織の一員
という感じではなく
単発の仕事。

一方イーリンは
マレーシア麻薬組織の
一員として稼働。


気になる量刑は・・・
罰金を納めることが
できない場合には、
金1万円を1日に換算した期間
労役場に留置する。   

あんまり変わらない (・o・)!

こんなにも量が違うのに
量刑に大差はなかったですね。
組織との関わり方から
イーリンは重めになったのかも。

彼女は論告、弁論のとき
すごい泣いてました。。。

全然言葉の分からない国で
長期間服役することになってしまった
まだ若い娘さんです。
薬物の営利目的所持/輸入は
重たいですね…。


ジョセフ初公判傍聴記はこちら⬇
覚せい剤大量密輸 ①超高価な証拠物



裁判ランキングへ

下のバナーを一回踏んでから
アマゾンで好きなものを
お買いものしていただけたら
Jazzyの生活が
少しうるおいます (〃ω〃)



↓こちらのブログもよろしく♡
jazzytokyo.hatenablog.com

www.instagram.com

twitter.com

0 件のコメント:

コメントを投稿