このブログを検索

2018年12月3日月曜日

謎すぎる警備法廷裁判

2018年11月30日 13:30
東京地裁 429号法廷
刑事第15部 小野裕信
平成30年刑(わ)第〇〇〇号等

・住居侵入
・公衆に著しく迷惑をかける
 暴力的不良行為の防止に関する
 条例違反
・傷害

傍聴券アリ

時間を間違えて抽選会には
参加できなかったのですが
開廷前に法廷に行ったら
券が余っていたのでもらって入廷できました。

どんな事件なのか全く知らない状態での傍聴。
警備法廷なので、
貴重品、筆記用具以外の手荷物は
全て入口で預け、
金属探知機の検査を受けます。

429号法廷は「警備法廷」といわれていて、
ここで開かれる裁判は
必ず手荷物の預かりとボディチェックがある。
暴力団や過激派、芸能人などの裁判は
だいたいここ。

法廷に入り、被告人の顏をみましたが・・・
暴力団関係者にはとても見えない。
端正な顔立ちの大人しそうな40代男性です。
保釈されていました。

誰!? 何をやった人?
有名事件? 有名人!?

なぞが深まります・・・・

この日は被害者の証人尋問と
被告人質問。

証人: 被害者 ♀  遮閉措置

今年の〇月〇日の夕方帰宅すると、
被告人が家の中にいた。

Yシャツのボタンを開け
くつろいでいる被告人。

検察官♀
被告人が家の中にいるのを見てどう思った?
「大切な家の中に
いてはいけないものがいる、
と思いました。」

証人は「出ていって!」と
被告人に強い口調で言ったが
「話しをしよう!」と言うばかりで
出ていこうとしない。

まさか出ていかないとは思わなかったので、
なにかアクションを起こさねばと思い
証人は被告人を両手で突き飛ばした。

その後、
腕を掴まれて抵抗したり…を繰り返し、
バランスを崩して
証人は床に仰向けの状態で倒れてしまう。

被告人は証人にまたがる感じで
中腰状態で証人の両腕を掴んできたので
体を左右に揺らし逃げようとした。

10分程度の格闘の末、
被告人の体勢を崩すことに成功!
証人は膝立ちの状態になり、
玄関から逃げようとした・・・

と、ここまでで
私は傷害致死の判決公判に
並ばないといけなかったので
警備法廷をあとにしました。
再入廷禁止なので、もう入れません。

傍聴マニアの方々はみんな口をそろえて

「あの被告人は誰だ!?」
「なんで警備法廷なんだ!?」

…ちょっとした話題でした (^_^;)


全くもって謎です。

私よりも若干長く傍聴した方の話によると
被告人は社長で、被害者は従業員らしい。
そして「傷害」に争いがあるらしいです。

そういえば証人尋問の前に
被告人も怪我をしている
とかなんとか言っていました。

被告人の名前を検索してみたところ、
被告人らしき人物がヒットしましたが
事件は一切報道されていないようです。

謎すぎる・・・
どうしてあんなに厳戒態勢?

次回また傍聴する機会があったら
ご報告します (^_^;)


↓更新の励みになるので応援してね♡

裁判ランキングへ

こちらもよろしく♡

jazzytokyo.hatenablog.com

www.instagram.com

twitter.com

下のバナーを一回踏んでから

アマゾンで好きなものを
お買いものしていただけたら
Jazzyの生活が
少しうるおいます (〃ω〃)

0 件のコメント:

コメントを投稿