このブログを検索

2018年11月24日土曜日

交際相手と友人を…強制性交等致傷・判決

2018年11月13日 15:00
東京地裁 722号法廷
刑事第3部 
丹羽敏彦,内山裕史,上田佳子
平成29年合(わ)第〇〇号

強制性交等致傷

被告人  甲 30代男性(勾留中)

裁判員6(4♂、2♀)
検察官2♂♀ 被害者参加人代理人1♀
弁護人2♂

主 文

被告人を懲役7年に処する

(求刑8年)。
未決勾留日数中220日をその刑に算入する。

認定した罪となるべき事実

被告人は

交際していた被害者A(20代)に対し、
かねてから暴行を加えていた。
友人Bと強制性交等をさせようと考え、
平成29年〇月〇日、東京都〇〇区の
当時の被告人方において
Aに対し、その顔面を
右手のげんこつで一回殴り、
その左大腿部を右手のげんこつで
多数回殴る暴行を加え、
同年〇月〇日、同人に対し
「Bのを舐めなさい」などと語気鋭く言い、
Bと口腔性交するよう要求し
Aの反抗を著しく困難にし
Bの陰茎を口腔内に入れさせ口腔性交させ
前記暴行によりAに全治まで
約2週間を要する
打撲傷等の傷害を負わせた。

※プライバシー保護の観点から

個人の特定ができないよう
一部改変して書いています。
なお、被告人の氏名は非公開で「甲」
となっていました。

●・・●・・●・・●・・●・・●


被告人は被害者と一切

性的行為をせずに
強制性交等罪で有罪判決 Σ(゚Д゚)
こういうケースは初めて聞きました。
しかも懲役7年ですよ!!!!



「強姦罪」だったころなら

「強制わいせつ致傷」で起訴され、
執行猶予が付く可能性があり得る事案。
今回の判決「懲役7年」とは
まさに天と地の差だ!!!

ちなみに被告人は無罪を

主張していましたが
かねてから日常的に暴行が
あったようです。

2017年7月に「強姦罪」が

「強制性交等罪」に変わり
犯罪行為に該当する範囲が広がったことで
口腔性交(オーラルセックス)等が厳罰化。
被告人甲は「強制性交等致傷罪」で
裁かれることになったわけです。

時代は変わったんだな〜!と

改めて思いました。



でも判決を聞いた限りだと

傷害を負わせた時間と性交等の時間に
開きがあるのに、
「強制性交等」と「傷害」を
合わせて「強制性交等致傷」に
なってるのはなんでかな、と素朴な疑問。

審理は被告人質問を

ちょこっと聞いたくらいなので
詳しいことはよく分かりません。

Bも捕まったのかなぁ・・。

被告人が「甲」だから
「乙」もいるんだろうなと思ったけど。


関連記事↓




裁判ランキングへ

こちらもよろしく♡
jazzytokyo.hatenablog.com

www.instagram.com


twitter.com

0 件のコメント:

コメントを投稿