このブログを検索

2017年10月9日月曜日

響かせあおう死刑廃止の声 2017

2017年10月7日(土)に行われた

世界死刑廃止デー企画
「響かせあおう死刑廃止の声 2017」

参加してきましたぁ٩(๑´3`๑)۶


日弁連 
死刑廃止及び関連する刑罰制度改革実現本部
加毛修さん のスピーチ

「無期刑、仮釈放の見直し、
長期受刑者の処遇体勢を
充実させていく方向になっていく。
ここで私が言いたのは
死刑に代わる代替刑。
それに先行して、受刑処遇のあり方、
社会復帰、更生保護を議論し、
2年くらいの間にアウトラインが
できていくだろう。
そして最終的に死刑制度の問題です。
これは国会との交渉になってくる。
残念ながら今の内閣は
死刑について全く無関心。
ですから、新しい政治勢力、あるいは
人権問題について真剣に協議できる人達に
国会に行っていただいて
議論の場を作っていただく
環境作りが必要。」

詳しくはこちらをCheck↓



続いて

劇団チャリT企画 さんによる

【死刑と裁判員】
裁判員が裁く毒物カレー事件
~「12人のそりゃ恐ろしい日本人」より~


林眞須美死刑囚を
裁判員が裁いたら・・・
コミカルで笑える内容ながら
とっても考えさせられました。


最後の歌

「死刑~、死刑~、死刑~!
死刑、死刑、死刑!!!
毒物入れた犯人だ
有罪 死刑
有罪 死刑
死刑!死刑!死刑!」

すごい歌でしたw
頭に残る~~~(^_^;)
メロディは
「ウルトラマンセブン」ですw






続いて・・・

【死刑と裁判官】
シンポジウム
最高裁がサイテーだった!?


木谷明(弁護士・元裁判官)
生田暉雄(弁護士・元裁判官)
岩瀬達哉(ジャーナリスト)
安田好弘(弁護士・フォーラム90)


安田さん

最高裁は昭和23年(1948年)に大法廷で
死刑合憲の判決を書いている。

「生命は尊貴である。
一人の生命は
全地球よりも重たい」
と言っているが、
死刑は合憲だとしている。

これには補充意見とうのが付いていて、
「死刑を永久的に是認したものではない。
ある刑罰が残虐であるかの判断は
国民感情によって定まる問題であるから
いずれ、将来、
国民感情により否定されるに違いない」
と、言い切っている。
そのときは、死刑は憲法違反になる。

これは今から70年前に
宣告された判決です。
私は何度も
憲法違反の主張をしてきたのですが
その時は必ず、
”この判決が判示しているところであるから
憲法違反の主張は理由がない”
と、棄却される。

どうして70年間こういう状態なのか
ということを今日は
議論していきたいと思います。

木谷さん

「一番最初に死刑の問題にぶち当たったのは
大学での憲法の授業。
”死刑は合憲になっている” と説明があり、
”あぁ、そうなのか” 程度だった。
その後、裁判官になり、37年間務めたが、
これは幸運だったのか
死刑求刑事件というのには
当らなかったんです。
これは本当に運がいい。
よく冗談で 
”心がけの良い人間のところには
死刑事件は来ないんだよ”
と、言っているんです(会場笑い)。
しかし、本当に運が良かったのか。
死刑について自分の思考を深める
チャンスがなかったという意味では
逆に不幸だったのではと考えています。」


「世論では8割以上が死刑に賛成している。
永山君の事件で無期懲役が支持されていたら
おそらくその後のたいていの事件は
死刑にならなかっただろう。
永山判決はかなりの程度、死刑廃止を
抑制する働きがあった。
さらに光市の事件で、
1審2審も無期懲役だったのが
最高裁で死刑になったというのも
大きかったと思います。」

「なぜ国民は死刑に賛成するのかと言うと、
”死刑に威嚇力がある”
という考えがある。
悪いことをすると死刑になるから
凶悪犯罪はしなくなるだろうと。
しかし、抑止力はあまりない。
本気で威嚇力があると考えている人は
あまりいない。
つい最近、ネバダ州で銃乱射事件が
ありましたが、
ネバダ州は死刑存置州です!
そういう州でも
あのような凶悪犯罪が起きている。
死刑があろうがなかろうが関係ない。」


生田さん

「私は22年間裁判官をしておりまして、
その後、弁護士に転換しまして25~26年。
地裁の裁判官当時、死刑に1件遭遇しました。
それから、高裁での裁判官時代に
1件遭遇しました。
地裁の事件は、やっていることは
とにかくひどいことで、
殺人は2~3人。
犯罪行為だけを見たら
誰が見ても極刑が相当。
当時、徳島の裁判所で審理したのですが、
有名な事件でした。
可能な限り死刑を回避したいと
思っていたので、
被告人の生い立ちなど詳しく調べました。
すると、被告人が幼い頃、
材木を積み上げた上で遊んでいたときに
それが崩れ、死亡に近い大けがを負った。
そしてそれ以降、
被告人の性格が変わってしまった
ということが分かった。
このことで被告人が粗暴な性格になって
犯罪行為を重ねてきた。
そのような経緯を検討して、
”被告人を死刑にするわけにはいかない”
という結論を合議体で出しました。
ところが、すぐに検察官から控訴。
高裁では死刑が確定して
その後、執行したと聞いています。

大阪高裁では、1審が死刑で
量刑不当で控訴された事件がありました。
これも記録を丹念に調べました。
強盗殺人で侵入した家にいた
お母さんと娘さんを
殺したという事件でしたが、
被告人は窃盗目的で家に入った。
タンスに近づいていったら
就寝していた被害者の
手足を踏んでしまった。
ふたりに騒がれて
やむなくふたりを刺し殺して逃走した。
最初から
強盗殺人目的で入ったのではない
ということから、
死刑ではなく無期懲役事案だと
合議体で説明したところ、
当時私は左陪席でしたが
裁判長も右陪席も了解してくれて
無期懲役の判決を出しました。
そしてそれが確定。
木谷さんがおっしゃるように、
心がけのよろしくない裁判官は
死刑に遭遇するようです。
私は2件も遭遇しましたので
相当、心がけがよくない
裁判官だと思います。(会場笑)」


岩瀬さん

「私は週刊誌で原稿を書いていまして、
裁判はどのような仕組なのか、
あるいは、裁判官の顔がなかなか見えないのは
なぜなのかということで取材をしていました。
週刊現代で書いた原稿が本になったときに
取材をした裁判官(OB含む)
にお送りしたところ
いの一番に、とある高名な裁判官から
連絡がきまして、
鼻息荒く、
"私のコメントは
絶対に載せないでくれ!" と。
取材の時点では載せていいということ
だったんですけど……。
その理由は
”あんな雑誌だとは思わなかった” ってw
あんなヌードが載ってる雑誌だとは
思わなかったから困ってる!
ということでしたw」




休憩を挟んで、いよいよ・・・

死刑囚の表現をめぐって
大道寺幸子・赤堀政夫基金の発表


「死刑囚の表現展」に寄せられた作品を
紹介しながら選考委員が語る!


文芸作品には18名、
絵画作品は14名の死刑囚が応募。
一部を紹介します。


北村 孝(福岡拘置所)
・真実(便箋7枚)
作品というよりは、
上申書のような心の叫び。



北村 真美(福岡拘置所)
・Poem



高井 空(筆名)
・あすなろ日記(ノート32頁)
・刑事施設DJ(ノート4頁)

筆名「高井空」は
セクシー女優の
「蒼井そら(あおいそら)」ちゃんを
意識してるのでしょうかw?
かわいすぎ(〃ω〃)♡♡♡





長 勝久(東京拘置所)
・私が東京拘置所等で刑務官よりされている
特殊人体機能操作の実態関係書面(15枚)
・私の確定審に於いて普通の裁判をうけられなかった
関係等の書面(21枚)

え・・・・(^_^;)w?




音 音(筆名)
・短歌「裏から読むプログラム」



畠山 鐵男(東京拘置所)
短歌10首
「平成29年・残詠」

選考会の後、9月の下旬に
食道がんのため他界。
選考委員の池田さんが
唯一涙した作品だとか(´;ω;`)

「今日明日の 
さだめまかせる 死囚なれば
いざ汕らまし 亡母に会わむと」




林 眞須美(大阪拘置所)
2句

殺される 首に染み込む 縄の音

閑さや 首に染み込む 蝉の声

松尾芭蕉のパロディです。
しゃれが効いてますねぇ~☆




掘 慶末(名古屋拘置所)

あの闇サイト殺人ヤローの作品!!!

自伝「鎮魂歌(レクイエム)」
第1部「陽炎」
第2部「来信 私に届いた90の手紙」




風間 博子(東京拘置所)

すごすぎーーーー!


どんどんクオリティ上がってるーーっ!




林眞須美(大阪拘置所)

安定の赤黒w


ちょっと可愛い人物画も!




加藤智大(東京拘置所)

今回の目玉は、秋葉原通り魔殺傷事件
加藤さんの作品!!!!

これ、まぢでビックリです!
A4サイズの紙を81枚つなげた大作。

これ、なんと、
「鬱」という
小さな小さな文字で描かれています!!!

どんだけ鬱~~~(-_-;)w

その文字は一切ぶれず、
全てが同じ大きさ。
パソコンで作ったかのような精密さ!

正に超人技!!!

【審査結果】

〈文芸作品〉

特別賞:掘 慶末

深化賞:響野 湾子

持続賞:兼岩 幸男

敢闘賞:畠山 鐵男

〈絵画作品〉

頑張ろう賞:加藤 智大
(会場笑い)

新境地賞:風間 博子

敢闘賞:高橋 知利

賛否両論賞:原 正志
(会場笑い)
※女性の裸の絵ばっかり描く人です。
背景はメッセージや
主張の文字がびっしり!
かなり異様な作品


会場では物品販売も。


アムネスティさんのブース

パンフレットと入場券




2015年に初めて
この集会に参加したときは
1週間うつ。。
去年2016年は全然平気。

そして気になる今年は・・・
翌日いっぱいうつでした (-_-;)w

しかし、
加藤智大死刑囚のそれに比べたら
微生物くらいのもんです♪

★関連記事★


皆様からの清き一票が
更新の原動力となりますので
下のバナーをクリックして
応援をお願い致します✿


★Twitter
 ★Facebook
 ★instagram
 ★YouTube

0 件のコメント:

コメントを投稿