このブログを検索

2017年7月2日日曜日

【別冊宝島】司法が危ない

おススメの
ムック本をご紹介٩(๑´3`๑)۶
購入→ http://amzn.to/2tDwebG


弁護士 裁判官 検察官 
司法が危ない 
(別冊宝島) 大型本
1,296円

新司法試験制度の採用で、
司法試験合格者は
15年でおよそ2倍にもなり、
その数は膨張し続ける一方となっている
彼らが合格後に進む道といえば
弁護士・裁判官・検察官の「法曹三者」。
いま、法曹三者の現場は
それぞれが過当競争と
環境の激変という問題に
直面している。
その実像を徹底的に取材、
日本の司法が抱える問題点を
明らかにしていきます!!!

法曹三者の生き残り合戦!
厳しすぎる現実が明らかに~!
(*^_^*)

法曹三者の給料、
スケジュール、
キャリアプラン!

弁護士 は大手事務所に入れば
いきなり年収1000万円も!
でも一般的には
5年未満の若手の年収は
675万円だって。

裁判官 は・・・
任官1年目で
年収約508万円。


検察官1年目は・・・
年収約500万円なのだとか!

それにしても、
スケジュールを見ると
みなさん激務ですね (>_<)
ご苦労様です!


イソ弁、ノキ弁、タク弁、
ケー弁・・・etc
弁護士形態

イソ弁 居候弁護士
(法律事務所所属)

ノキ弁 軒先を借りる
(家賃を法律事務所に払って使わせてもらう)

タク弁 自宅開業
(自宅でのびのび)

ケー弁 事務所なし
(携帯電話を使って活動)

その他、

安全弁 
(勝つ見込みの高い事案を専門に
引き受ける弁護士)

エキ弁
(自分の利益しか考えない
自分勝手で利己主義な弁護士)

KY弁
(国選をやらない弁護士)

ネツ弁
(証拠をねつ造する弁護士)

うける~(´;ω;`)!
ネツ弁ダメやろ~っwww


他にもオモシロぎる情報が満載 
٩(๑´3`๑)۶<123頁あるよ~




こちらから購入していただけたら
とっても嬉しいです (〃ω〃)♡↓↓↓


0 件のコメント:

コメントを投稿