このブログを検索

2017年6月27日火曜日

江戸川女子高生殺害事件・第4回 -3 論告・求刑

2017年5月19日 10:00
東京地裁 422号法廷
刑事第16部
裁判官:島田一、水上周、高野将人
平成27年(わ)第XXX号

強盗殺人、強盗強姦未遂

青 木 正 裕

第4回公判


【論告】タケモトさん♂ 25分間

本件の争点である量刑について
検察官の意見を述べます。

〔刑の重さを決めるにあたって考慮すべき事情〕

(1)態様が悪質
■殺人:自宅に入ると全く躊躇なく、
すぐに被害者の背後から
腕を回して首を絞めあげて失神させた。
そして被害者の苦しむ顔を見るために
馬乗りになり、首を絞めた。
その後、被害者のセーターで首を圧迫。
心臓が止まるまで絞め続けた。
被告人には、被害者を確実に殺すという
強い殺意があった。
■強姦未遂:被害者を殺害するとすぐに
被害者の衣類をハサミで切断し全裸にした。
そして被告人は自らも全裸になり、
その陰茎を被害者の陰部に挿入しようと試みた。
本件は“強盗強姦未遂”となっているが、
被告人が行った行為は限りなく既遂に近い。
11月12日~13日にかけて
被害者を部屋に移動させ、
自らもパンツ1枚になり
全裸の被害者に一晩添い寝をした。
被告人は強姦未遂行為のあとも、
自らの性欲を満たすために、様々な行為によって
被害者の身体を執拗にもてあそんだ。
■強盗:被害者の財布から現金と生徒証を盗んだ。
強盗殺人罪は、強盗行為が未遂の場合でも
成立するが、本件では強盗行為が既遂。
強盗殺人の中でも罪が重いと言える。

(2)計画的犯行
遅くとも事件の5日前の
11月7日の時点までには、
被害者を殺害する計画を立てていた。
強盗殺人の中でもとりわけ悪質な部類。

(3)卑劣で身勝手な動機
被告人は
“首を絞められて苦しむ女性の姿が見たい、
強姦したい”という動機で本件犯行に及んだ。
被害者の殺害を決めた当初から、
殺害の目的は強姦することにあった。

(4)悪質な犯行後の行動

(5)裁判での不合理な供述

(6)結果が重大で遺族の処罰感情が峻烈

(4)~(6)など詳しくはメルマガで!

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記」

江戸川女子高生殺害事件(9)
論告・求刑 Vol.193
6月27日に配信済み!


【 求 刑 】

無 期 懲 役

まっすぐ検察官を見ながら
聞いていた被告人は、“無期懲役”と聞いて
ほっとしたように手元のノートに目線を落とした。


初月無料!購入月の配信は全部読めます!
購入する!
7月以降は、「バックナンバー購入」で
こちらの記事掲載月だけを
読むこともできます。


裁判ランキングへ

・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー1・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー2・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー3・被告人質問(検察官)
・青木正裕の被告人質問を傍聴して・・・
・江戸川女子高生殺害事件 第3回ー1・情状に関する被告人質問(弁護人)
・江戸川女子高生殺害事件 第3回ー2・情状に関する被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー1・情状に関する被告人質問(検察官&裁判所)
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー2・遺族意見陳述
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー3 論告・求刑
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー4・弁論
江戸川女子高生殺害事件 第4回-5・最終陳述

旅専門ブログやってます↓↓↓

Jazzyの旅日記とか♡





0 件のコメント:

コメントを投稿