このブログを検索

2017年6月13日火曜日

青木正裕の被告人質問を傍聴して・・・

第2回公判の被告人質問
検察官からの反対質問で
殺害後に被害者の遺体に行った様々な行為と
取調べ時に供述した強姦未遂を隠すための
不合理な言い訳の数々が明らかにされました。

その内容があまりにもひどいものだったので
参加人(遺族)のひとりは
法廷で泣き崩れており、
休廷時は通路で身を寄せ合って泣いていました。

今まで数々の惨忍な事件、または
特殊な性癖を持ち、欲望を充足させるために
行った卑劣な性犯罪を傍聴してきましたが
この事件ほど、被告人に嫌悪感を持ち
心の底から「気持ち悪い」と思ったことは
他にありません。

普段わたしは、
被告人、被害者どちらの感情に移入することなく
中立的に事件をみていますが、
この日の被告人質問を聞いて
珍しく被告人に強い怒りを覚えました。
被害者の尊厳を守るため、
青木が遺体に行った行為の詳細は
メルマガにも書いていません。
書けないくらいひどいものでした。


なぜ加奈さんは、大嫌いな相手から
このような屈辱を
受けなければならなかったのか。
「加奈のことを思い出して欲しくない」
という遺族の思いが、痛いほど分かりました。
青木が、加奈さんの名前を
口にするだけでもイヤです。
気持ち悪いから
彼女のことを思い出したり、冥福を祈ったり
そういうことは本当に止めてほしい!

この裁判を傍聴して
青木の生の声を聞いた人で
特に女性は、このように感じた人が
多かったのではないのでしょうか。

6月1日、被告人は
無期懲役の1審判決を不服として
東京高裁に控訴しました。
そうなるだろうとは思っていましたが
控訴することが
どれだけ遺族を苦しめるのかということを
少しは考えてほしいものです。
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー1・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー2・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー3・被告人質問(検察官)
・青木正裕の被告人質問を傍聴して・・・
江戸川女子高生殺害事件 第4回・最終陳述



初月無料!購入月の配信は全部読めます!
購入する!
「バックナンバー購入」で
気になる記事掲載月だけを
読むこともできます☆


裁判ランキングへ

旅専門ブログやってます↓↓↓

Jazzyの旅日記とか♡

0 件のコメント:

コメントを投稿