このブログを検索

2017年6月28日水曜日

江戸川女子高生殺害事件・第4回 -4 最終弁論

2017年5月19日 10:00
東京地裁 422号法廷
刑事第16部
裁判官:島田一、水上周、高野将人
平成27年(わ)第XXX号

強盗殺人、強盗強姦未遂

青 木 正 裕

第4回公判

【最終弁論】久保さん♀ 25分間

皆さんは今、青木さんに対して
どんな印象を持っているでしょうか。

“気持ち悪い”、“卑怯者”、
“まるで反省していない”、
“今すぐ死んだ方がいい”、
“なんて弱い人間なんだ”。

そう思っている方もいるかもしれません。
青木さんに対する直感的な嫌悪感、
事件に対する生理的嫌悪感。
そういったもので
青木さんを裁かないでください。
刑事裁判は人格そのものを裁くものではない。
刑事裁判は性癖そのものを
裁くものでもありません。
同じような事件を起こした人が
同じような刑罰を科せられなければならない。
そういう公平さが求められます。
皆さんには、
青木さんにどのような刑が相応しいか
判断していただきます。



(1)強盗殺人の法廷刑がなぜ重たいのか
死刑または無期懲役という
重たい刑が定められている。
何等かの理由で減刑されなければ
有期懲役刑という選択肢はない。
強盗殺人というのは、
人の生命を奪ってまで
金銭を奪う意欲目的ということから
悪質で重い刑が科せられることになっている。

(2)量刑の考え方
Step 1
犯罪行為がどういうものなのかに
着目して刑の大枠を決める

Step2
どのような責任非難が求められるのか
・自首をした
・遺族の処罰感情

(3)青木さんに相応しい刑
今回の事件では、亡くなった被害者は、
尊い命ではありますが1名。
青木さんには前科がない。
そしてまだ比較的若い。
そうすると、青木さんに死刑の判決がやむを得ない、
という事情はない。
従って、無期懲役か有期懲役かを
判断していただくのが今回の事件。

〔犯罪行為の事情〕

(1)計画性
検察官は、今回の事件は
とても計画的だったと述べたが、
むしろ今回の事件の計画は
ずさんだったと言える。

(2)動機
青木さんは、“死にたい”という願望があった。

〔行為態様の結果〕

強盗殺人の罪では、
全ての事件で人が亡くなっている。
これが無期懲役か有期懲役かを
判断する事情にはならない。
“死にたい”という気持ちがなければ、
今回の事件を起こすことはなかった。
それまではDVDなどを見て自慰行為をして、
それで満足していた。
それなのに今回、
事件に踏み切ってしまったのは、
“死にたい”という気持ちがあったから。

青木さんには懲役30年が相当だと考えます。


詳しくはメルマガで!

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記」

江戸川女子高生殺害事件(10)
論告・求刑 Vol.194
6月29日 17:00に配信!
初月無料!購入月の配信は全部読めます!
購入する!


メルマガの分量はこんな感じです。
7月以降は、「バックナンバー購入」で
こちらの記事掲載月だけを
読むこともできます。

こちらのメルマガが6月29日に
配信されていませんでしたm(__)m
2017年7月10日現在、
レジマグ事務局に問い合わせ中です。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません!


裁判ランキングへ

・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー1・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー2・被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第2回ー3・被告人質問(検察官)
・青木正裕の被告人質問を傍聴して・・・
・江戸川女子高生殺害事件 第3回ー1・情状に関する被告人質問(弁護人)
・江戸川女子高生殺害事件 第3回ー2・情状に関する被告人質問(検察官)
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー1・情状に関する被告人質問(検察官&裁判所)
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー2・遺族意見陳述
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー3 論告・求刑
・江戸川女子高生殺害事件 第4回ー4・弁論
江戸川女子高生殺害事件 第4回-5・最終陳述

旅専門ブログやってます↓↓↓

Jazzyの旅日記とか♡





0 件のコメント:

コメントを投稿