このブログを検索

2017年5月19日金曜日

渋谷女児虐待死事件④判決

2017年2月13日
東京地裁 813号法廷
平成26年合(わ)第XXX号
刑事第13部
家令和典、吉戒純一、須藤晴菜

傷害致死


【 主 文 】

被告人は無罪


【 証 拠 】

〈検察官請求証人〉

■Y医師
・頸部圧迫を疑ったことから
被害者の血中のサイログロブリンの値を測定。
162,000 ng/mL(ナノグラム・パーミリリットル)
という高い値が出た。
甲状腺は喉仏にある臓器。
サイドグロブリンは、甲状腺内に貯蔵されている。
サイドグロブリンは
甲状腺の障害がなければ血中に漏れないため
頸部圧迫による甲状腺障害と言える。
・医師自ら解剖した例を集めて、
頚部圧迫事例と非圧迫事例の
サイドグロブリンの値を比較した結果、
頸部圧迫事例の値は非圧迫事例の値の約70倍。
・被害者に低栄養は認められるが、
被害者の体重は許容範囲内。
低栄養による死亡とは認められない。
・解剖時の被害者の眼球は
乾燥して陥没していたが、検死時は標準。
皮膚のハリの低下も認められない。
その他、脱水による死亡例の所見も認められず
被害者が脱水で死亡したとは認められない。
・うつ伏せ寝による鼻孔圧迫による
窒息死であるならば
サイドグロブリンの値は説明できないので
被害者が鼻孔閉塞により窒息死したとは認められない。
・被害者には頸部圧迫の所見が認められること、
低栄養などを示す根拠はなく、
頸部圧迫を否定する根拠もないことから、
被害者の死因は頸部圧迫による
遷延性の窒息死と判断する。

〈弁護人請求証人〉

■S医師
・被害者の死因は鼻孔部閉塞による窒息死、
低栄養・脱水による衰弱死、
あるいは両者の併合。
・被害者は死亡前に
低酸素状態になったと認められる。
・被害者の頬骨辺りに軽い表皮剥奪。
亡くなったときはうつ伏せだった可能性が高い。
・解剖時胃の中は空虚。
低栄養だったと考えられる。
・写真を見ると、目の周りが落ちくぼんでいる。
血中のナトリウムイオンなどの数値が
通常より高かったことから、
血液が濃縮されていたと考えられる。
これらのことから、
脱水が進行した状態だったと考えられる。
低栄養や脱水により衰弱状態だった。
・頸部の表皮剥奪は、
紐状のものでできた索条痕と考えにくい。
・サイドグロブリンは頸部圧迫以外の死因でも
増殖すると言われている。
サイドグロブリンが高い値を示すのは、
甲状腺の組織が破壊されたときに
限定されるとは言えない。

【 争点に対する判断 】

検察官の主要な主張である、
被害者の頸部が圧迫された、
ということを認めることができないので、
死因は、ひも状のものを用いた頸部圧迫による
窒息死であることについて
合理的に証明できたとは言えない。

被害者は、脱水や低栄養による
身体機能の低下と、
うつ伏せ寝による鼻孔部の
不完全閉塞が併合して死亡したという、
S医師、K医師の見解を
排斥することはできない。

以上の通り、頸部圧迫の所見は、
裁判所としては認めることができなかった。
頸部圧迫による窒息死以外の死因の可能性も
相応に説明することができるため
被告人を無罪とした。

・・・・・・・・・・・・・

・検察官請求証人、他4名の見解
・弁護人請求証人、他1名の見解
・裁判所の判断の詳細
・説諭(裁判長から被告人に最後の言葉)
・・・を、メルマガに詳しく載せています!

興味のある方は
ご購読お願いいたします٩(๑´3`๑)۶

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

渋谷女児虐待死事件(4)判決 Vol.184
5月22日 17:00に配信!

初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪
購入する!
6月以降は、「バックナンバー購入」で
この記事掲載月だけを読むこともできます☆


無罪出ましたね!!!
約1時間の読み上げでした……。
長いだけでなく、
ものすごく難しい医療用語
大変でした (-_-;)
入力作業時にかなり調べましたが、
医療用語や私の理解が
間違っている箇所があるかもしれません。
ご了承ください。




裁判ランキングへ

✿関連記事✿
渋谷女児虐待死事件①同居少女証人尋問
渋谷女児虐待死事件②被告人質問(主)
渋谷女児虐待死事件③被告人質問(反対&補足)
渋谷女児虐待死事件④判決

旅専門ブログやってます↓↓↓

Jazzyの旅日記とか♡



0 件のコメント:

コメントを投稿