このブログを検索

2017年5月13日土曜日

渋谷女児虐待死事件①同居少女証人尋問

2017年1月17日
東京地裁 813号法廷
平成26年合(わ)第XXX号
刑事第13部
家令和典、吉戒純一、須藤晴菜

傷害致死

被告人:少女A(起訴時少年)勾留中
色白、めがね、黒スーツ、若い!

検察官3♂
弁護人2♂♀

【事件概要】

平成25年8月、
当時17歳だった被告人は地方から上京。
渋谷にあるマンションの一室で営まれていた
JKリフレ」で働く予定だった。
部屋には女(被告人と同い年)と男が住んでいた。
被告人がそのマンションで生活し始めてしばらくすると、
生後1ヵ月の女児を連れた
19歳の少女が共同生活に加わった。
その母親に「2~3日だけだから」と
被告人ともう一人の女は女児の世話を頼まれた。
10月に同居男性が逮捕。
子供の母親は帰らず、
子育てをしたことのない少女2人と
女児3人の生活になった。
11月にふたりは女児に対する暴行容疑で逮捕。
その後、女児の死因は
頸部圧迫による窒息死の疑いがあると判明し、
死亡時にふたりきりだったことから、
平成26年8月、被告人が殺人容疑で再逮捕された。

第2回公判

【証人・少女B
同居女性(被害児に対する暴行で有罪)

※被告人をA、同居少女をB
被害児の母親をCとします。
ABは女児にミルクの代わりに
ポカリスエットを水で薄めてあげていた。

左陪席♀:
なぜポカリを水で薄めたものをあげていた?
「うーーん、以前、
ミルクがなくなったときがあって、そのときに
スポーツドリンクがあって、
それをあげたことがあるからです。」

ミルクを買いにいくのが面倒だから
ポカリスエットを水で薄めたものでいいと思った?
「はい。」

10月29日に女児が3か月検診から戻ってきて以降、
ふたりが出かけて
女児を部屋にひとりにするときは
どういう体勢で寝かせていた?
「基本仰向けにしていました。」

うつ伏せにしていたこともある?
「31日のときはうつ伏せにしていました。」

女児が亡くなっているのを発見したときに驚いた?
「少しだけ(ボソっ)。」

そのときの心境はどういう感じ?
「死んじゃった……みたいな。
あまり何とも思わなかったです。」

弁護人:
ポカリは、女児にあげるために買ってきたものではない?
「はい。」

部屋にあった?
「はい。」

冷蔵庫の中に保管していたのではなく、
その辺の放っていた?
「はい。」

詳しい内容は
メルマガに書きましたので
興味のある方、若しくは
Jazzyの生活を支えたい♡
という優しい方はご購読お願いしま~す♪


メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

渋谷女児虐待死事件(1)少女B尋問 Vol.181
5月11日に配信済み!

初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪
購入する!
6月以降は、「バックナンバー購入」で
この記事掲載月だけを読むこともできます☆



裁判ランキングへ

✿関連記事✿
渋谷女児虐待死事件①同居少女証人尋問
渋谷女児虐待死事件②被告人質問(主)
渋谷女児虐待死事件③被告人質問(反対&補足)
渋谷女児虐待死事件④判決

0 件のコメント:

コメントを投稿