このブログを検索

2017年4月14日金曜日

タリウム少女・第21回公判②論告・求刑

2017年3月10日 
名古屋地裁 2号法廷
刑事第1部 山田耕治裁判長

殺人未遂、
火炎瓶の使用等の処罰に関する法律違反、
殺人、現住建造物等放火未遂

第21回公判 

論 告

■ Mさん殺害事件

(1)計画的で強い殺意
犯行当日、Mさんを自宅に誘い入れ、
お茶を出す振りをして
座っているMさんの背後に回って実行した。
全長34cmの鉄製の斧を使用して
合計6回殴打した。
「殺すつもり?」「どうして?」と言ったり
抵抗するなど必死に生きようとする
Mさんの態度を見ても躊躇しなかった。
最終的に、倒れたMさんの首を
マフラーで力いっぱい絞めて殺害した。
行き当たりばったりの犯行ではない。
Mさん殺害を計画して十分に準備した犯行。
人体の最も重要な部位である
頭部を執拗に攻撃し、
さらに首を絞めたことから
強い殺意があったと認められる。
執拗で、かつ残虐。
Mさんの言葉を聞いても

躊躇しない態度は冷血で惨忍。

求 刑 

2度と同じような被害者を生み出すことは、
あってはならない。
生涯に渡って
償っていただく必要があると考えます。

被告人を無期懲役
に処するのを相当と思慮いたします。

















■ Mさん殺害事件
(2)結果の重大性
(3)身勝手な犯行
(4)犯行後の態様

■ 放火未遂事件
(1)計画的犯行
(2)財産的被害
(3)身勝手な動機
(4)犯行後の態様

■更生・矯正の可能性
■精神障害
■家庭環境
■量刑

↑について詳しくは
メルマガに書きましたので
興味のある方、若しくは
Jazzyの生活を支えたい♡
という優しい方はご購読お願いしま~す♪


メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

タリウム少女(14) 論告2  Vol.175
4月17日 17:00に配信!

初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪

購入する!
5月以降は、「バックナンバー購入」で
この記事掲載月だけを
読むこともできます☆




裁判ランキングへ




0 件のコメント:

コメントを投稿