このブログを検索

2016年12月17日土曜日

大麻見つかり警官に暴行

2016年12月15日 
東京地裁 722号法廷
刑事第3部 斎藤啓昭裁判官

公務執行妨害
大麻取締法違反


被告人:20代男性(保釈中)

検察官1♂、弁護人1♀

被告人が東京都内の路上で
警察官から職務質問を受け、
警察署に任意同行し、所持品を出したところ、
乾燥大麻が見つかり、
そのことでイライラして、
警察官の胸を押した。

被告人は大阪で
10gの大麻を5~6万円で購入。
被告人方からも大麻を押収。
同じく被告人方から押収された
クラッシャーで大麻を潰し、
ガラスパイプで吸っていた。

【被告人質問】

弁護人♀
公務執行妨害についてですが、
取調べ中に警察官の胸を押したことは
間違いない?
「間違いないです。」

なぜそのような行為をした?
「大麻が見つかり、
混乱してイライラした気持ちがあって
押してしまいました。」

警察官を傷つけたいとか、
逃げようという気持ちはあった?
「ないです。」

どういうことにイライラ?
「大麻が見つかったことと、
それを持っていて捕まった自分にです。」

警察官に暴行したことから
現行犯人逮捕された。

大麻についてですが、
使うようになったきっかけは?
「20歳頃、カリフォルニアに滞在して、
医療大麻のライセンスを取得して、
持病であるうつ病の治療のために、
大麻を購入して使用していました。」

アメリカでは合法的に
大麻を入手・使用していた?
「はい。」

日本で禁止されていることは知っている?
「はい。」

大阪のクラブに遊びに行って、
そこで買ってしまった。

どういう時に大麻が欲しくなる?
「お酒と同じような感じで、
楽しみたいときや、
落ち着きたいときです。」

精神的な病気を患っている?
「20歳位のときに、
“気分障害”と診断されました。」

どういう症状?
「気分の落ち込みと、
高揚の差があり、上下が激しいです。」

大麻を使うと気持ちが落ち着く?
「そうですね。品種によって、
気分を落とすのと上げるのがあって、
それを処方されて使っていました。」

日本では医療大麻は使えないし、
病気がすぐに治るわけではないので、
今後、再犯しないためにどうしていく?
「安定剤などを処方してもらって
使っていこうと思います。」

検察官♂
イライラした気持ちを抑えることはできる?
「はい。」

今回は、なぜ抑えることができなかった?
「大麻が見つかってしまって、
とっさに手が出てしまいました。」

悪いことだと分かっていた?
「はい、認識していました。」

以前にも暴行で怪我をさせて有罪判決。
もう、そのようなことをしないように
気を付けて生活していなかった?
「そのように考えながら
生活していましたが、
今回は手が出てしまいました。」

アメリカで初めて大麻を購入して使用?
「はい。」

アメリカにいたのはいつ?
「3回くらい行きましたが、
一番長いときで1ヵ月くらいです。」

その他の期間は日本にいた?
「はい。」

今まで、日本で大麻を入手したのは何回?
「今回のを合わせて数回です。」

一回につき、どれくらいの量を入手する?
「5g~10g位です。」

売人をどうやって見つける?
「繁華街にいる人たちです。」

繁華街にいる人たちが、
突然あなたに話かけてくる?
「バーやクラブなどで話しかけてくれたりです。」

クラブやバーに行くときは、
“大麻を入手できるかも”
という気持ちで行く?
「いえ、クラブは、
イベントのときに行くことが多いです。」

予定していないときに、
たまたま5万、6万の大麻を買うということ?
「はい!」

持病の治療のためにアメリカで
医療大麻を使ったという話ですが、
アメリカに滞在していたのは、
一番長くて1ヵ月。
日本で病院に行こうとは思わなかった?
「最初に診断されて以来はないです。」

大麻ではなく、
病院で治療を受けることは考えなかった?
「処方薬に不安があったので…」

病院で処方される薬よりも、
大麻の方が不安が少なかったということ?
「…処方薬は体に悪いっていうのを
聞いて…恐かったので。」

今後、クラブやバーに行く?
「今後は一切
行くことはないと思います。」

【論告】

被告人は、警察署内において、
所持していた大麻を発見された際、
警察官の胸部を両手で押す暴行を加え、
正当かつ、重要な業務を妨害した。
被告人は合計10.421gの大麻を
所持していたもので、
同種事案においてもその量は多量。
被告人の刑事責任は重く、
被告人にその重さを理解させ、
更生を促すためにも
厳しい処罰をもって臨むことが必要。

【求刑】

1年2月


即決裁判です。
このまま判決言渡しとなりました(•ө•)

【主文】

1年2月 執行猶予3年

〈認定した事実〉

1、平成28年XX月XX日に
XX警察署の取り調べ室内で、
所持品検査に従事していた警察官の胸を
両手で押す暴行を加えて
公務執行妨害をした。
2、大麻成分を含有する乾燥植物片を所持した。

〈量刑の理由〉

所持していた量は決して少なくなく、
それが発見されたということで
警察官の職務を妨害するというのは
許されることではないが、
反省していることなどを考慮して、
今回は執行猶予を付けた。

***********

医療大麻ライセンス


長期滞在者や、カリフォルニア州居住者にしか
交付されないものかと思っていました!!!

なんと観光客にもあげちゃうの!?
太っ腹なカリフォルニア州!

調べたところ、

■カリフォルニアで、
医療大麻の処方箋を取得するために必要なもの
・お金($50$120
・州のID

■州のIDをとるために必要なもの
・お金($15くらい)
パスポート
・滞在先を証明できる紙1枚
  
■手順
①まずカリフォルニア州内各地にある
DMVと呼ばれる免許センターへ行き、
州のID(運転免許証ではない)を発行してもらう。
DMVでは即日、仮のIDを発行してくれるので、
それを持って医療大麻の処方箋を発行してくれる
医師を訪れる。
③カリフォルニア州の場合、
癌やHIVだけにとどまらず、
緑内障や関節痛、頭痛、軽い鬱や不安など
様々な症状にも医療大麻が適用される。
④処方箋はその場で受け取れる
(発行日より1年間有効)。
処方箋と州のIDを持って、
ディスペンサリーショップ(大麻販売店)へ!
処方箋が有効か確認し、会員登録を済ませた後、
医療大麻をゲット。

以上のプロセスを経て、
旅行者でもカリフォルニア州で
医療大麻の処方箋を発行してもらえます。



なんとも簡単~っ !!!

決しておススメはしませんが、
病気で苦しんでいる方は
カリフォルニアで処方してもらったら
どーでしょうか(*^_^*)?
症状が緩和されるカモ!

日本では大麻の所持は禁止されており、
今回の被告人のように罰せられますが、
使用は犯罪とされていません。
国外で吸うなり食べるなりして摂取して帰国。
そして何かの容疑で捕まって
尿検査して陽性反応が出ても大丈夫です。




メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪
購入する!
「バックナンバー購入」で
お好きな記事掲載月だけを
読むこともできます☆



裁判ランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿