このブログを検索

2016年7月29日金曜日

【元カノ殺害】控訴審第1回 「こいつ殺るから、優しい俺やめた」

2016年7月19日 11:00
東京高裁 622号法廷
第12刑事部
裁判官:井上弘通、佐伯恒治、小林謙介

殺人、死体遺棄

神岡誠冶



弁護人、検察官各1名(男性)
被害者遺族が参加
(傍聴人との間に遮閉措置アリ)

神奈川県平塚市の相模川で2014年11月、
被害女性当時(26)の
遺体が見つかった事件で、
殺人と死体遺棄の罪に問われた元交際相手、
神岡誠治被告(35)の裁判員裁判で、
横浜地裁は2016年3月25日、
懲役18年(求刑懲役20年)の判決を
言い渡した。

神岡被告は殺意を否認し、
弁護側は「被害者が先に攻撃してきた。
正当防衛が成立する」として
殺人罪については無罪を主張していた。

深沢茂之裁判長は、被害者の頭の傷の状況から
「少なくとも5回殴り、
うち2回は頭部を固定した状態で殴った。
人が確実に死ぬ行為で、
一方的かつ執拗な攻撃だったと推認される」と
弁護側の主張を退けた。


犯行前、被害者が別の男性と一緒にいる写真を
ネットで公開したことに
腹を立てた被告人は知人に
「こいつ殺るから 優しい俺やめた 
マジ 殺人衝動ヤバし」とメッセージを
送っていた。
www.j-cast.com





弁護側の控訴趣意は量刑不当。

控訴審第1回公判、開廷です!


【証人尋問・被告父】

弁護人
被害者の方に
どういうことをしたいと私に言った?
「謝罪をしたいということです。
香典代わりではないですが…
それも含めて謝罪をしたいと申し出ました。」

金額は?
「30万プラス30万です。」

示談というよりは、
香典代わりという気持ちだった。


検察官
一審の裁判のときに、
被害者の方にお金を払って
謝罪をしたいと申し出た?
「そこまでは言ってないです。
その時は、謝罪を受け入れてもらえるかが
分かりませんでしたので、
先生方に相談しようと思ってました。」


【被告人質問】



弁護人
今回の裁判では、前回の主張と
違いがあるということですね?
「はい。」

被害者を呼び出して
車で移動するところまでは前回と同じ?
「はい。」

車を停めて話をした?
「はい。」

どれくらいの時間話をした?
「10分前後だと思います。」

どんな話をした?
「今の被害者の方の生活のこととか、
自分の話とかしました。」

被害者の新しい恋人について話した?
「はい。」


・・・続きはメルマガでどうぞ~!

めちゃめちゃ詳しく書いてます!

☆一審で嘘の証言?
★今、毎日していることは?
☆父親が一審で
 謝罪を申し出なかったのはなぜ?
★一審の主張「正当防衛」は撤回?
☆被害者が言った言葉も嘘だった!?

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」


元カノ殺害「こいつ殺るから。
優しい俺やめた」控訴審第1回

8月15日 17:00に配信!

初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪
購入する!
8月以降は、「バックナンバー購入」で
この記事掲載月だけを読むこともできます☆



裁判ランキングへ


次回 意見陳述&弁論

8月4日 16:00

東京高裁 622号法廷

変更になる場合がありますので、傍聴希望の方は
事前に裁判所に確認してください。



0 件のコメント:

コメントを投稿