このブログを検索

2016年6月29日水曜日

山手線放火アーティスト・判決公判

2016年3月25日
東京地裁422号法廷
刑事第16部
安藤範樹裁判長


器物損壊、威力業務妨害、
火炎瓶の使用等の
処罰に関する法律違反




【 主 文 】

懲 役 4 年(求刑7年)

未決勾留日数中80日算入



【 量刑の理由 】

被告人は10日間の間に4回に渡って
JR東日本の施設を焼損させ、
その内3回は、JR青梅線、中央線、
山手線等を運休、遅延させた。
正当な行為であると思い込んでいたとしても、
動機に酌量できる点はない。
態様は危険なもので、
特に火炎瓶を使用した事案では、
その方法自体が危険。
被害は鉄道関係者のみならず、
多くの利用客にも及んでいる。
被告人の刑事責任は重いと考える。
被告人に前科がないことなど、
酌むべき事情を考慮し、主文の刑が相当とした。


弁護人の主張に対する裁判所の見解等、

詳しくはメルマガに書きましたので

興味のある方はご購読よろしくお願いしま~す☆

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

VOL.98

7月1日 17:00に配信!



初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪

購入する!




8月以降ご購読スタートの方は
バックナンバーからどーぞ☆

※当ブログはリンクフリーですが、
記事の無断転載・転用を固く禁じますっ!


裁判ランキングへ

クリックしていただくと1票入ります。
応援してくれたら
とーっても励みになります♡♡♡


0 件のコメント:

コメントを投稿