このブログを検索

2016年6月23日木曜日

美容整形の落とし穴 ②

2016年6月16日
東京地裁 803号法廷

被害者女性複数 VS 医療法人XX会

医療過誤による損害賠償等請求事件


前回の記事はこちらから ⇓
美容整形の落とし穴①


【 被害者C 】

自宅に3万円分のクーポンが届いたことから
被告クリニックを受診。
高周波で顔のたるみをとる施術をしようと考えていた。
糸リフトについては全く知らなかった。

クラークからリフトの説明を受けた後に
医師が登場。

原告代理人
P医師からは説明を受けた?
「たるみが解消され、
それが5年間持つ、ダウンタイムがない、
即効の効果がある、安全、と繰り返し言われました。
そして

“高周波治療は
お金をドブに捨てるようなものだ!”

と言われました。」



リスクの説明は?

「全くありません。」

医師の説明を受けて、

クレジットの申し込みをしたんですね?
「はい。」

クレジットの審査が無事に通り、

Cさんは施術を受けることになった。

もし、効果が限定的だとか、

持続性がない、また、
痛みがあると聞いていたらKリフトを受けた?
「受けずに帰っていたと思います。」

施術後、痛みが引かず

仕事を辞めることになってしまった・・・


今現在の症状は?
「右後頭部には今でも痛みがあります。」
※施術は約3年前

✿・・✿・・✿・・✿・・

・痛みの症状と通院

・施術後に医師に言われたひどい言葉!
・カルテの改ざん!?

などなど!

詳しくはメルマガに書きましたので

興味のある方は

ご購読お願いします♪

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

VOL.96

6月24日 17:00に配信!



初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪

購入する!

7月以降ご購読スタートの方は
バックナンバーからどーぞ☆

※当ブログはリンクフリーですが、

記事の無断転載・転用を固く禁じますっ!


裁判ランキングへ
クリックしていただくと1票入ります。
応援してくれたら
とーっても励みになります♡♡♡

0 件のコメント:

コメントを投稿