このブログを検索

2016年6月18日土曜日

【殺人】 熊谷両親殺傷事件・控訴審 第1回

2016年6月16日 13:30
東京高裁 720号法廷
第1刑事部
裁判官:小坂俊幸、佐脇有紀、吉田勝栄

殺人、殺人未遂

【逮捕時の報道】

埼玉県警は 2014年9月16 日、
熊谷市内の自宅で
両親を殺害しようとしたとして 
19 歳の次男を
殺人未遂の現行犯で逮捕したと発表した。
県警によると、熊谷市内の自宅で56 歳の父親と 
50歳の母親を包丁で刺して殺害しようとした疑い。
母親は搬送先の病院で死亡が確認された。
父親は首や右腕を刺されながらも
次男を取り押さえ警察へ通報し、
駆け付けた警察官によって現行犯逮捕された。




【判決報道】

熊谷市の自宅で両親を殺害しようとしたとして、
殺人と殺人未遂の罪に問われた
同市の元少年(20)=犯行当時(19)=の
裁判員裁判の判決公判が2016年3月1日、
さいたま地裁で開かれ、
片山隆夫裁判長は元少年の殺意を認定して、
求刑通り懲役15年を言い渡した。

判決で片山裁判長は、
鋭利な包丁を用いて両親を刺した犯行態様に触れ、
強固な殺意に基づく危険性の高い犯行で悪質」
と述べた。
弁護側は母親に対する殺意はなかったとして
傷害致死罪の適用を主張していたが、
片山裁判長は
「人の生命維持に関わる重要な部位を
2回にわたって包丁で突き刺し、
母親が死亡する危険性が
高いと認識していたと考えられる」と退けた。

判決などによると、
14年9月16日午前0時半ごろ、自宅で、
同居する母親=当時(50)=の背部や
左胸部を文化包丁(刃渡り約18・5センチ)で
突き刺した上、50代の父親の首付近や右腕を
包丁で突き刺すなどして殺害しようとした。
母親は失血により死亡し、
父親は約45日間のけがを負った。




【証人尋問・被告父】

殺人未遂被害者の父親が証人出廷です。


1審では懲役15年になりましたが、
それについて息子さんと話した?

「はい。15年ですと、
(出所するのが)35~36歳になると思うんですが、
本人にとって一番大事な時期に入っているというのは…。
せめて20代後半くらいに出していただけたら、
私も頑張れると思います。

私は被害者ではありますが、
今でも父親として息子のことが大好きですし、
守ってあげたい。
そういった想いで、1審でも減刑を求めました。」

(被告表情変えず)



【被告人質問】


被告人は坊主頭にメガネ。
氏名は開廷表に書かれていましたけど
逮捕時や1審判決の報道では、
「少年」や「元少年」となっていまいた。



とても20歳には思えない、めっちゃ子供です!
高校生くらいに見える~!



1審後にお父さんと面会されたんですね?
「はい。」

きっかけは?
「裁判で何度か顔を見ているうちに慣れたから、
会ってもいいかなって。」

会う前はどういう気持ち?
「会いづらい。」

それはお父さんに対する嫌悪感?
それとも事件を起こしてしまったから?
「まあ、両方だと思います。」

なんとなく、
会ってもいいかなという気持ちになった?
「(うなずく)」

事件は別として、お父さんとどれくらいの期間、
面と向かって話していなかった?
「・・・・」


父親の証人尋問の詳細と
被告人質問の続きは

メルマガで配信!


・父が最後に裁判官に訴えたこと
・被告人と父の関係
・被告人は父親のこと、どう思ってる?
・最後に裁判所に伝えたこと!

気になる方はこちらから購読 ⇓

メルマガ 
「Jazzyの裁判傍聴記♡」

VOL.94

6月20日 17:00に配信!



初月無料!購入月の配信は全部読めちゃうよ♪


購入する!
 ٩(๑´3`๑)۶

7月以降ご購読スタートの方は
バックナンバーからどーぞ☆



★・・★・・★・・★・・★・・★

次回、判決言い渡し

6月29日 13:45 

東京高裁720号法廷

※変更になることがありますので
傍聴希望の方は裁判所に確認してください。

★・・★・・★・・★・・★・・★


※当ブログはリンクフリーですが、
記事の無断転載・転用を固く禁じますっ!


裁判ランキングへ
クリックしていただくと1票入ります。
応援してくれたら
とーっても励みになります♡♡♡

0 件のコメント:

コメントを投稿