このブログを検索

2016年6月1日水曜日

【殺人未遂】拳銃で襲撃・控訴審〈第1回〉

2016年5月25日
東京高裁 622号法廷
第11刑事部
栃木力裁判長

殺人未遂、銃刀法違反

S被告人(70代男性)


どんな事件 (゜_゜)??

2014年9月に
三島市内で会社役員の男性の車が
バイクの2人組に
拳銃で狙撃された発砲事件で、
三島署と県警捜査4課は1日までに、
バイクを盗んだ窃盗の疑いで
千葉県のY容疑者(35)ら男3人と、
殺人未遂などの疑いで
千葉県のS容疑者(71)ら男3人の
計6人を逮捕した。

Y容疑者らの逮捕容疑は
沼津市内のアパートの駐輪場で、
原付きバイク1台を盗んだ疑い。

またS容疑者らはY容疑者らと共謀し、
同日、三島市中島の市道交差点で、
同市に住む50代の会社役員の男性を
殺害する目的で、男性が運転する車に
拳銃で数発発砲したとされる。
弾は車の後部に命中したが、
男性にけがはなかった。  

産経ニュース


三島市で車を運転中の男性に対して
小型バイクに乗った2人組が拳銃を発砲し、
男4人が殺人未遂などの
罪に問われた裁判員裁判で、
静岡地方裁判所沼津支部は
主犯のS被告(72)に懲役14年
残る3人に懲役11年から6年の判決を
言い渡しました。

判決で静岡地方裁判所沼津支部の
齋藤千恵裁判長は
「事件は産業廃棄物の処分場の
契約をめぐるトラブルによるもので、
S被告が被害者を殺害する計画を企てた
と指摘しました。

bakusai.com



弁護側は、人証と書証を請求したけど
いずれも不採用。
1審判決後の情状に関することだけの
被告人質問が採用された。


被告人質問

弁護人
1審では懲役14年を言い渡されて
今回控訴しましたが、
被害者の方に対して、今どんな気持ち?

「このような、大変重大な事件を
起こしてしまって
真に申し訳なく思っています。」

改めて謝罪文を書こうと思ったのはなぜ?

「1審の静岡地裁で、被害者の陳述を聞いて
こういう事件を起こしてしまって
恐怖心、精神的苦痛を受けて、
それは終生消えることはないという
胸の内を聞いて、自分がやったことについて
本当のことを申し上げるべきだと思ったので、
その事を謝罪文しました。」

被害者の方は、あなたが本当のことを
言っていないのではないかと
言及していましたね?
真実を話すことが
反省の始まりだと思ったのですね?

「その通りです。」

被害弁償をするために金策して
10万円用意できましたね?

「はい。」

決して十分ではないけれど、
謝罪の意志を示したいということですね?

「はい。」


これで結審

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回判決言い渡し

6月8日(水) 10:50

東京高等裁判所


※変更になることがありますので
傍聴希望の方は裁判所に確認してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


当ブログはリンクフリーですが、
記事の無断転載・転用はダメですっ!



クリックしていただくと1票入ります。
応援してくれたら
とーっても励みになります♡♡♡



0 件のコメント:

コメントを投稿