このブログを検索

2016年4月3日日曜日

大麻栽培失敗!控訴審判決

2016年3月28日
東京高裁 506号法廷
第4刑事部 植村稔裁判長


大麻取締法違反

被告人は30代男性
(がっしり!男らしい感じ)

一審判決は 懲役8ヶ月です!


【 主 文 】

控 訴 棄 却


【 理由の要旨 】

論旨は、被告人は本件乾燥植物片が
大麻と認識しておらず、脱法ハーブと思って
所持していたので、被告人には
大麻所持の故意がない。
それに対し、被告人には
未必の故意があるといした
原判決は不当であるというもの。

当審は被告人に未必的故意があるという
判断は正当であると考える。

被告人は10代のころに大麻を吸引して使用。
3年前には大麻の種を
インターネットで購入し栽培方法を調べ、
LEDライト、蛍光灯、肥料を用意し
栽培を試みたが収穫できなかった。


被告人は原審において
大麻の隠語として「野菜」 と
称していたと供述。
被告人が使用していた携帯電話機には
「野菜」 を含む複数のメール履歴があった。

被告人は合法ドラッグを扱う店で
本件乾燥植物片を購入。
「脱法ハーブありますか?」
と言うと、店員にいくつかの商品を
勧められたと供述するが、
これを裏付ける証拠はない。
(この店舗は平成27年に摘発された。)

大麻の栽培を試みた被告人は
大麻の種類や形状、使用方法について
十分な知識を有していたと推認される。
被告人に大麻所持の
未必的認識があったとした原判決は正当。

被告人を懲役8月に処した
原判決はやむを得ない。


・・・この被告人は前アリなので
このような判決となりました。
初犯なら実刑にはならない事案です。


Jazzyが栽培している『やさい』は
収穫間近 (ӦvӦ。)!

※おネギです。


  メルマガ 
Jazzyの裁判傍聴記♡」 

ブログに載せれない
ディープなあれこれを配信中♪

購入月の配信記事は全て読めちゃう!
そして初月無料なので試しにど~ぞ!
レジまぐ商品の購入はこちら! 
 ٩(๑´3`๑)۶

バックナンバーも購入できます。





0 件のコメント:

コメントを投稿