このブログを検索

2016年3月22日火曜日

【強姦致傷】すぐ終わるから…

2016年3月18日 16:00
東京地裁 710号法廷
刑事第17部  石井俊和裁判長
〈裁判員裁判〉

住居侵入、強姦致傷、強姦、
強制わいせつ未遂、建造物侵入

黒スーツに青ネクタイ姿の被告人は
ガリガリのおじさんです。
50代半ばくらいかな?

検察官3名(男2、女1)
弁護人2名(男)

【 認定した事実 】

(1)
被害者A宅の無施錠の玄関から侵入し
就寝中のAに覆いかぶさり、両手を押さえつけ
“静かにしろ、痛いことしないから”
 と脅迫し姦淫。

(2)
通行中の被害者Bをみとめ
わいせつな行為をしようと考えて
の後をつけ、Bに続いてB宅に侵入。
Bの臀部を触り、顔を近づけ
キスしようとしたが
抵抗され、その目的を遂げなかった。

(3)
被害者C方の無施錠の玄関から侵入し
Cの体を押さえつけて馬乗りになり数回殴り、
逃げようとしたCの首を絞め上げる
暴行を加えた後に姦淫し、
全治1週間の外傷性傷害を負わせた。


【 量刑の理由 】

被告人は自らの行動が、
どれだけ女性を傷付けるのか考えずに、
ただただ自己の欲望を満たすために
各犯行に及んだ。

計画性は薄いものの、
強い犯意に基づく危険な犯行。

逃げようとした被害者には
強い暴行を加えて傷害を負わせた。

しかし、凶器を使用しておらず、脅迫文言も
“静かにしていれば、すぐ終わる”
”ちょっと我慢すれば済む” など
激烈とまでは言えない。

暴行は、被害者の抵抗を抑圧するのに
十分だが過剰な粗暴性とまでは言えない。

本件は、強姦事件の他、
複数の性犯罪を犯した事案の中でも
特別に重い部類に属するとは言えないが、
軽い部類に属するとも言えない。

被告人が反省していること、
性障害矯正プログラムに
参加する意志があることなどを考慮して


懲 役 12 年(求刑13年)

未決勾留日数中110日算入


✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿

Bさんに対しては、単なるナンパ目的で、
わいせつ行為を考えていなかったと
主張していた被告人。
しかし、入室直後に無言でお尻を触って
すぐにキスしようとしたことから、
侵入時点でわいせつ行為の意思が認められる。
そもそも、ナンパ目的で住居に侵入すること
自体がおかしいから被告人の弁解は
信用できないっ!と、いうことで
「強制わいせつ未遂」 認定でしたーっ!

審理は一度も傍聴してないから
分からないけど、
けっこーイケイケのおじさんなのかな?
おとなしそーな見た目だったけど。

この裁判は、すごい秘密に行われていた!
1階ロビーの開廷表にも、法廷前の表にも
罪名の欄には 『 住居侵入等 』 だけです。

傍聴人に来てほしくなかったのかなぁ~?
強姦だと人気だからね (^_^;)

✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿

メルマガ「Jazzyの裁判傍聴記♡」では
ブログに載せれない
ディープなあれこれを配信っ!
初月無料!購入月の配信は全部読めちゃう♪
ご購読お願いしま~す!

購入する!
  ٩(๑´3`๑)۶

裁判ランキングへ


0 件のコメント:

コメントを投稿