このブログを検索

2016年3月21日月曜日

テレビに操られてる母を殺そう

2016年3月17日 15:00
東京地裁 422号法廷
刑事第16部ACD係
島田一裁判長

殺 人 未 遂 ・ 判 決

【認定した事実】

被告人は16歳頃から20歳頃までの間
大麻、シンナー、LSD、コカイン、
覚せい剤を使用。
また、19歳頃から30歳頃までは
咳止め薬 『ブロン』 を毎日服用。
自宅に引きこもり、ウイスキー、ビール、
ワインをほぼ毎日飲んでいたところ、
幻聴と妄想が現れた。

平成27年内からその症状は悪化し、
自分はテレビに監視されていると思い始めた。
そして母親が認知症ではないかと
不安になり始めた。



犯行当日、母親もテレビに監視され
操られていているという妄想を生じて
可哀想に思った。
母親を介護することができないし、
ひとりで生活することも不可能だと思い、
母親を殺して自分も死のうと決意。

殺意を持って被害者の頸部を
包丁で2回切りつけ、
頭部を鍋やカナヅチで数回殴打したが
被害者に全治2週間の傷害を負わせるに留まり
殺害を遂げなかった。

被告人は犯行当日、多剤使用による
自発性精神病性障害のため
心神耗弱状態だったと認められる。


【量刑の理由】

犯行態様は生命に及ぼす危険性が非常に高い。
結果は、被害者に全治2週間の
傷害を負わせるに留まったが
死亡しなかったのは偶然で、
殺意は強固だった。

母親の介護ができないとの考えから
殺害を決意した点は一見短絡的だが、
これは被告人の精神障害と関係していると
考えられるため、一般の人と同等に
被告人を強く非難することはできない。

被害者が被告人を許していること、
医療保護入院しアルコールと薬物を
断絶すること、将来の自立した生活に向けて
更生の意欲を示していることなどを考慮して、
刑の執行を猶予することとした。


懲 役 3年   執 行 猶 予  5年

未決勾留日数中130日算入


❁・❁・❁・❁・❁・❁・❁・❁・❁・❁

妄想にかられて祖母と弟を殺害した
事件もありました。
もうすぐ判決言い渡しです。
→ 【殺人】悪魔退治・控訴審


メルマガ「Jazzyの裁判傍聴記♡」では
ブログに載せれない
ディープなあれこれを配信っ!
初月無料!購入月の配信は全部読めちゃう♪
ご購読お願いしま~す!

今月は3歳の次男をラビットケージに監禁して
死なせた夫婦の傍聴記などを配信してます!


購入する!
 ٩(๑´3`๑)۶

過去記事はバックナンバーから購入できるよ☆


裁判ランキングへ

 

0 件のコメント:

コメントを投稿