このブログを検索

2016年1月13日水曜日

首相官邸ドローン②被告人質問




2015年11月6日 13:30
東京地裁 426号法廷
平成27年刑(わ)第1109号
刑事第10部
田邊三保子 裁判長

威力業務妨害
火薬類取締法違反

ここんとこ
抽選 負けナシだった Jazzyですが、
ちょ~低倍率のこの日、まさかのハズレ。
当たり券を譲ってくれたイケメン紳士~
本当にありがとうございました (。ŏ﹏ŏ)♡

この裁判では手荷物は
全て預けなければいけません。
法廷に持ち込めるのは、
筆記用具や貴重品のみ。
そして金属探知機の検査があります。
とーっても厳重だよっ!

前回もそうだったんだけど…

傍聴人が男だらけですっっ!
この日は ジャジィ入れて女は4人くらい。


被 告 人 質 問

弁護人
今回起こした事件の動機を一言でいうと?
「原発の#$%&’&%$」

反原発、再稼働反対ということですか?
「その通りです。」

どのような計画を持って臨んだ?
「官邸にドローンを飛ばして
注目を集めておいて
私が逮捕されることによって、
さらに注目されて…
結果、再稼働を中止するのが目的でした。」

この頃予定されていた福井県知事選では
県内の原発の再稼働が争点の一つになっており、
放射性物質を官邸で発見させることで
福井知事選に注目を集めることができると
考えていた。

ドローンは駐車場から飛ばした。
まず鑑定の上空まで飛行させる。
目的の場所についたら、
搭載した発煙筒に点火。
(熱で発煙筒を付けている糸が溶けて
落下する仕組み)
続いてドローンを降下させる。
その際にドローンの風圧で発煙筒の煙を
かくはんさせる計画だった。

中庭が発煙筒の煙で真っ白→警備隊が来る
→各所に連絡→ドローン発見
→砂が見つかる→鑑定してもらう
→放射線を検出→大騒ぎになるだろう

夜中に飛ばしたんですが…
誰も気づかないとは思わなかった?
「常に警備がいるから
気が付くと思いました。」

夜中であれば警備の人しかいないと思った。
安全性を考慮して
中庭に人がいない時間帯に決めた。

ドローンと発煙筒を黒く塗装したのは、
離陸させるときに目立たなくさせるためと、
砂の入ったボトルをより目立たせるためだった。
※元々ドローンは白、発煙筒は赤色。

検察
ドローンを発見した職員の方は、
サリンを想起したと
言ってたが、それを聞いてどう思った?
「放射線のマークを貼っているからといって
中身が放射性物質だとは思わないんだな~と。」


恐怖を与えたことについては?
「申し訳なかったと思っています。」


首相官邸ドローン①
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/10/blog-post_31.html


この記事の詳細は
メルマガ 「Jazzyの裁判傍聴記♡」 
で配信しますっ!
約2時間の被告人質問で
事件の背景や動機が分かったぞっ!


と~っても細かく書いてるよっ!
購入月の記事は全て読めます。
初月無料なので試しにど~ぞ!

レジまぐ商品の購入はこちら! 
 ٩(๑´3`๑)۶





0 件のコメント:

コメントを投稿