このブログを検索

2015年10月23日金曜日

包丁を捨てた話(やや閲覧注意)

2015年10月22日

ちょっと怖い実話…

凶悪犯罪系が苦手な方は
読まない方が良いカモ (>_<)
このブログの【殺人】とか【強姦】を
いつも読んでくれてる方は
全然よゆーな内容です☆


最近わたしは

ものすごい勢いで

断捨離をしている ヽ(^o^)丿イラナーィ!ポイポーィ♪

定期的にやってるんだけどね。


何度も悩んで、結局 今まで

処分できなかったモノがある

それは

まな板 と 包丁

10代で一人暮らしを始めてから

今までずーーっと

使ってきたもの。

すごく傷んでるまな板。

全然切れない刃こぼれしまくりの包丁 (-_-;)

でもどちらも とにかくお気に入り♡


ずっとこのペティナイフしか使ってないから
大きい包丁は怖くて苦手



ここ半月くらい 毎日悩んで…

Aamzonでまな板と包丁を
カートにまで入れて
それでもなかなか注文まで
進めなくて・・・

でも先週やっと注文できた

すごい勇気を振り絞って (>_<)!



そして商品を受け取りました。


ホームベーカリー買ったからブレッドナイフも購入!

昨日まな板とはお別れ。

包丁は、今日捨てようと思っていて

紙に包んで
玄関近くに置いた。

その後お風呂に入って

出掛ける準備をしようかなっ♪と思っていたら

急に

昔の男との壮絶なバトルを思い出した。

(。ŏ﹏ŏ)(。ŏ﹏ŏ)(。ŏ﹏ŏ)ヒィーーーーー!!!!!!! 



一歩間違えば

私は犯罪者になっていて

人生が大きく変わっていたかもしれない。

            ✾

            ✾

            ✾


その日、私は自宅で



彼氏に別れを告げた。

(~_~;)<モウワカレテ…


彼は激昂


怒鳴り散らされ

最終的には

「別れるなら殺す。」


彼は部屋から出て行き

戻ってくると



手には包丁が握られていた。



恐怖で全く身動きが取れない私。


彼は近づいてくる・・



やられるっ



と思った瞬間、

彼はその包丁を私の両手に握らせた。

刃先は彼の腹部を向いている。

彼は、包丁を握った私の両手を

力いっぱい握りながら

「 このまま前にいくよ。
    そうしたらお前は殺人者!」

と言って笑った。

正確にどう言われたのかは、

全く覚えてないんだけど、

そんな趣旨のこと。

何も言えずに

ただただ震えて泣く私。

最初は攻撃的だった彼の態度は

徐々に変わっていき・・・



「 好きだから別れたくない。
    別れるなら殺して欲しい。」



とお願いモードに。

私は泣きながら

「 ごめんなさい。別れないから。

    ごめんなさい。別れないから。」



と何度も何度も謝った。
(本当は別れたい度1000%超!!!!!!!!)

彼は徐々に落ち着きを取り戻し

安心した様子で

私の手から包丁をはずしてくれた。




その恐ろしい体験から数日後





また事件が起きて・・




今度は通報。Yes!!!!





パトカーが3台もきて
(チャリのお巡りさんもいた!)

近所の人がみんな出てきちゃうくらいの

大騒ぎに発展!

人々が見守るなか


彼氏は逮捕された。


「これでやっと別れられる・・・」


処罰はできなかった。警告のみ。

それから数か月間

彼からの嫌がらせと脅しに
生きた心地のしない日々が続いたのだけど

その話はいいとして・・・


あの日の恐怖は

かなりの年月が経った今でも

時々 急に思い出して
うゎーーーっと泣いて

落ちる  (。-_-。) ドーーーン

でもすぐに復活っっ✧

発作みたいな感じ!

今日もそのパターンかなって思った。


でも


今回、今までと劇的に違ったのは


あの悪夢の包丁を

ずっと大切に使っていたんだ!って

初めて気づいたってことだ ( •̀ㅁ•́;)!



・・・そう、あんなに怖い思いをした包丁を

私は長年、宝物みたいに大切に扱っていた!

これ…笑い話みたいだけど

っていうか、私ってマヌケ!?!?

単なる天然ですか!?!?

あはっ…あははははは~(^_^;)

でも、本当に本当に

自分に引いたし…

すごく不思議なんだけど

あの恐怖体験と

毎日使っているお気に入りの包丁が

今まで一切結びつかなくて

別のところに存在していた!!!



こんなことってあるんだねーっ (・o・)!

信じられますか!?!?

うーーーん、この感覚
伝わらなかもなんだけど…

例えていうなら…

過去・現在・未来は本当は同じ場所にあるのに
一か所しか見えてないっていう理論みたいな
(よけい分かりにくいですかw?)

調理器具の包丁と、あの事件の包丁は
同じモノなのに

調理器具の包丁としてしか
見えていなかった数年間。

包丁を使っている時に、
あの事件を思い出したり、
怖いと思ったことが一度もなかった…

なんという摩訶不思議現象!


寂しいけど手放さないとな・・・と
うじうじしてた時に
タイミングよく気づいたことで

悲しみや未練なく
お別れできました♪

だってイヤだもーん

あんな不吉なモノで料理するのw!!!!

長い間ありがとう!

さよーならぁーーー(@^^)/~~~





ちなみに

新しい包丁の切れ味に
戸惑う わたし・・・

オリーブが切れるってこと…

おばちゃん、知らなかったぁ〜 ( ;∀;)

上手く切れない性質の食材なのかと
ずっと思っていました・・・



こんなにスパッといけるんだね ٩(♡ε♡ )۶
OMG!!!!!!!!!!!




包丁の話おしまい❤(ӦvӦ。)









0 件のコメント:

コメントを投稿