このブログを検索

2015年10月31日土曜日

やれば復縁できると思って【強姦】判決

2015年10月22日
東京地裁426号法廷 15:00
平成27年号(わ)第61号
住居侵入、強姦致傷、強盗

検察3(男2、女1) VS 弁護人2



 主 文

懲 役 6年 

未決拘留日数中100日算入



【認定した事実】

被告人は被害者が勤務するキャバクラの客だった。
交際を申し込んだところ承諾されたが
営業上の交際だった。

平成27年1月〇日、被害者から別れたいという
メールを受信。
口頭で理由を求める内容のメールを返信したが
無視された。

〇月〇日 午前4:30
被害者の玄関から侵入。
午前6:30まで顔面を殴打、わき腹を蹴り暴行。
ピアスを引きちぎる、殺す、などと脅した。

加療期間7日の傷害を負わせ、強姦した。

午前6:30から被害者のバッグを物色し
現金8千円を奪い取った。




① 争点

・傷害が致傷結果に含まれるか
・脅迫文言



被害者は顔面、頭部を平手で殴られ、セックスする旨告げられた。
逃走しようと試みたが連れ戻された。
殺すなど脅迫され全裸にされ陰部を撮影。

強姦目的ではなく、話し合いの為に侵入した。
しかし、逃走しようとしたので腹が立って殴打。

性交すれば関係が戻ると考えた。

被告がベッドから離れた際に再度逃げようとした被害者を
足蹴り。着衣を全て脱がせ性交した。

③ 信用性

■脅迫されたか
ピアスについては被告人は言ってないに近い覚えてない。
被害者は・・・(書き取れず)
おおむね一致している→脅迫があったと認められる

■暴行を加え性交した
強姦の意図があったと考えられる。
被告は性交すると言ったがすぐに犯行に至ったわけではない。
4:00に侵入。性交は6:00.
被害者は衝撃的な被害を受け、記憶が混同している可能性。
直後から暴行されたという被害者の供述は
住人が悲鳴を聞いたとの証言と合致している。

④ 

マンション付近で待ち伏せして侵入。
すぐさま鍵を閉めた。
強姦目的で侵入したと推認される。

⑤ 発生時期と結果

侵入した時点で強姦の意志があったとは言えない。
範囲の存在まで認定できない。
裸にする前に平手打ちをしており、
加療期間7日の打撲。
→強姦致傷の致傷結果に入らない。


【量刑の理由】


姦淫のあげく、膣内に射精。
性交中の陰部を撮影した。
行為は相当悪質。

約5時間半の長時間 被害者に恐怖を与え続けた。
しかし、犯情の上で考慮すべき点もある。
強姦致傷はことさら重いとも言えない。

姦淫前後に被害者の携帯電話を操作して
合意のセックスであったと工作している。

被告は140万円を弁償金として用意し預けている。
組むべき事情を考慮して主文で述べた量刑が相当とする。


こんな怖いことするような人に見えないです。
びっくりーーーっ (。ŏ﹏ŏ)!

メモと記憶がかなり微妙なので
間違ってるところ多いと思います (-_-;)スイマセン




✿関連記事✿
知人の娘小6と20回やった
連続児童レイプ魔①
12才女児を妊娠させた男
パンティでオ◯ニー男①
所属タレント15才に手を出した社長
元気なおじいちゃん
【強姦未遂】最後に1回やらせろー!
北区連続強姦魔・判決
やれば復縁できると思って強姦
常連客とカラオケの後で…①

0 件のコメント:

コメントを投稿