このブログを検索

2015年8月3日月曜日

【強盗殺人】 林振華 名古屋高裁 第1回

2015年7月27日
名古屋高等裁判所 1007号法廷
住居侵入、強盗殺人、強盗殺人未遂、窃盗
刑事第1部

林 振華(りん しんか)

一審で死刑判決の中国人留学生。
控訴審 第一回を傍聴してきましたーーっ!


どんな事件 (・o・)???

愛知県蟹江町の民家で2009年、母親(当時57)と次男(同26)が殺害され、
三男(30)も大けがをした殺傷事件で、強盗殺人や住居侵入、窃盗などの罪に問われた
中国籍の林振華被告(31)の裁判員裁判が2015年1月19日、名古屋地裁で始まった。
林被告は起訴内容をおおむね認めた。
ただ、弁護側は強盗殺人罪の成立を争う方針を示した。

 起訴状によると、林被告は同年5月1日夜、蟹江町の山田喜保子(きほこ)さん方へ
窃盗目的で侵入。居合わせた喜保子さんをスパナで殴って殺害したあと、
帰宅してきた次男の雅樹さんを刃物で刺殺。
その後帰宅した三男も刺して首にけがを負わせ、現金約20万円と腕時計を奪ったとされる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

強盗殺人などの罪に問われた中国籍の林振華被告(31)の裁判員裁判の判決が
2015年2月20日、名古屋地裁であった。
松田俊哉裁判長は求刑通り、死刑を言い渡した。
弁護側は来週にも控訴する方針だ。
東海3県で開かれた裁判員裁判で、死刑判決は初めて。

 判決によると、林被告は09年5月1日夜、別事件の罰金を支払う資金を得ようと
蟹江町の山田喜保子さん方へ窃盗目的で侵入。
居合わせた山田さんをスパナで20回以上殴って殺害後、家にあった包丁を持ち出し
次男の雅樹さんを刺殺。その後、帰宅した三男も刺して首にけがを負わせ、
現金約20万円と腕時計を奪った。

 松田裁判長は争点の強盗殺人罪の成否について
「被害者に見つかった際に強盗を決意した。
冷静さを失っていたとしても確定的な殺意があった」 と指摘。
同罪の成立を認めた上で、「強盗や殺人に及ぶことを事前に計画していたわけではないが、
包丁が折れ曲がるほど強い力で刺すなど執拗(しつよう)で冷酷な犯行。
動機は自己中心的で身勝手だ」 と述べ、死刑が相当と結論付けた。

 弁護側は公判で、殺傷に及んだ理由を「被害者に見つかってパニックになったためで、
強盗の目的はなかった」と述べ、殺人と窃盗の罪が適用されるべきだと主張。
さらに「前科も万引きだけで、犯行時は25歳と若かった」などとして、死刑の回避を求めていた。




名古屋の裁判所デビュー戦です(๑•̀ㅂ•́)و✧

傍聴券はないとのことなので早めに行って並ぶことに。
13:30開廷ですが12:45から並んだよっっ!
Jazzyは11人目でした。

記者さんが多かったかな。傍聴席は36席。
全員入れましたっ!

報道記者席が沢山用意されていたけどガラガラ。
座らないなら一般に解放してよっていつも思う・・・(´・ェ・`*)


「振華」と報道されているけど、裁判所では↑の字で統一。


白いTシャツに黒いスウェットパンツ姿で林被告が入廷。
死刑判決を受けた被告を見るのは人生初ですっっ!

刑務官3人に囲まれた被告は左足が悪く、びっこです。
公開されている写真のまんまって感じ。すごく若く見えるけど
表情がなく、ボ―――っとしてる。
座るときも、刑務官に座らせられるって感じ。人形みたい。
まさに廃人って感じ (=o=;)

弁護人は男性2人。検察は男女1人ずつ。

女性通訳が入ってます。

証言台に立たされて裁判長から質問。

裁判長:名前を言ってください。
「・・・・・」

林振華被告人ですか?
「・・・・」

生年月日は?
「・・・・・」

1983年7月28日で間違いないですか?
「・・・・・」

国籍は中華人民共和国ですか?
「・・・・(うなずく)」

日本に決まった住居はありますか?
「・・・・(首を振る)」

ないと聞いていいですか?
「・・・・・」

無職ですか?
「・・・・(うなずく)」

時折左手を痙攣させていた。。

ここで席に戻される


弁護人の主張

【事実の誤認】

大きくまとめて2点

① 山田喜保子さんに暴行を与えた時点で暴行するつもりだったというのは間違い。
② 山田いさおさんについては殺意はなかった。

【量刑不当】

強盗殺人罪では無期懲役か死刑。
2名を殺害していながら無期を選択するには、特別な…なんたらかんたら。

原判決の判断枠組みは間違いである。

被害者2名の前例で死刑が選択されるのは殺害について計画性があった場合であるが、
本件では計画性はない。
また、殺害方法に残虐性もない。
したがって、前例に基づいて、無期懲役を洗濯するべき事案と主張します。

検察の意見

控訴には理由がないので、控訴は棄却されるべきと考えます。
意見は答弁書に記載した通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弁護人

3通の控訴趣意書を提出。

①6月18日 
②7月 9日 
③7月16日 

①と③は事実取り調べ請求書。

・ 被告人質問を求める
・ 証拠書類1通
・ 取り調べ録音動画ブルーレイディスク4枚

検察

被告人質問は不必要。
その他②~⑥番も不必要。

原審で説明できなかったというやむを得ない事情がない。

(被告、無反応)

裁判長: 証拠調べは不同意ですか?
検察 「はい。」

裁判長 

「記録を検討した上で判断します。
次回は判決宣告。」


次回期日
10月14日(水) 10:30

13:45 閉廷


証拠調べ、被告人質問はしない、ということですね。
次回、控訴棄却で死刑でしょう!


名古屋の旅行記はこちら↓
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html

0 件のコメント:

コメントを投稿