このブログを検索

2015年6月21日日曜日

事件に巻き込まれてみた!刑事事件被害者編

私はたぶん、一般的な人よりも

かなり多くの事件に

巻き込まれている。

110番通報したことは

沢山あります (>_<)

自分が被害にあったのがほとんどだけど
友達や知らない人が被害にあって
通報したことも数回あり。

このブログでは
主に刑事裁判を扱ってるので
裁判の流れはいつもお伝えしていますが…

今回は裁判になる前ことを
実体験をもとにお伝えしていきまーす☆


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

平成25年某月、


私はとある事件の

被害者になった。




事件発生

目撃者が通報

加害者1人、被害者わたし1人

相手は男性で面識はない。


警察が沢山くる

犯人を逮捕していいかどうか何度も何度も聞かれ、
逮捕した場合に起こりうることを説明された

※ここには書けないんだけど
特殊な事情があったためだと思う (。-_-。) 


『 はい、逮捕してください。 』


犯人逮捕

現場で警察官に色々質問されるが
恐怖から震えがとまらず、
あまり答えられない私 (ó﹏ò。)


パトカーで
管轄の警察署へ

簡単な取り調べと身元確認。

写真撮影があった。

全身、顏、前から横から。
負傷箇所クローズアップ。

色んな角度で撮られます!

とてもとてもキメ顔はできる状況ではなく
死んだみたいなヤバすぎの写り

チ───(´-ω-`)───ン


救急車が到着

大学病院に搬送された。

とりあえず色んな検査。

たぶん1時間くらいで終わり、
診断書を書いてもらう。

事情を知ってる看護師や先生は
信じられないくらいに優しい!!!
普段の診療でも
そうしてもらいたいものです (;´∀`)


担当の刑事さんが迎えにきてくれて
またパトカーに乗って

警察署に戻る。


長時間の取り調べ

一通りの状況を話し
刑事さんが書き取る。

被害現場の詳しい住所を警察が調べ、
それを確認。

私や犯人がいた位置や方向…
場面場面での犯人との位置関係や距離、
会話の内容、
時間、どのように移動したか、
事件までの間は
何をしていたのか、
私の普段の行動パターン、
当時の家の居住歴、等々。

法廷での尋問でもよくあるけど…
なぜそうしたか、
なぜそうしなかったのかと
詳しく聞かれる。

無意識で「した」、「しなかった」、
「言った」、「言わなかった」 ことを
なぜかと思い出すのはとても難しい。

目撃者や防犯カメラ映像などがあり、
事件の主要部分の解明はあっさり。

犯人も犯行を全面的に認めたが、
きっかけの部分に
私の言い分と食い違う部分があった。

目撃者が警察署で証言してくれて、
その方の調書も作られた。
たぶん5~6時間かかったと思う。
ご協力 本当にありがとうございました (ToT)


調書の清書

私が立ちあい、
確認しながら刑事さんが書いていく。

よく裁判で読み上げられる
被害者供述調書ってやつです。

完成したものに目を通す。

何ヶ所か間違いがあったので
刑事さんが書き直す。

完成した調書に署名。


調書や色々な書類に
署名・捺印

私はたまたま印鑑を持ってたけど、
ない場合は拇印。

私が描いた現場の見取り図、
現場地図をプリントアウトしたものなどもあった。

ここで犯人の氏名を聞いたと思う。
写真は見せてもらわなかった。

※別事件では
このタイミングで
逮捕時の犯人写真を見せられて
この男に間違いありません、
と一筆書いて署名・捺印した記憶。


現場検証や
再現はなかった

犯人はやったのかも?
目撃者がいない場合は
被害者もやると思う。

※別事件では犯人に見立てた人形や
犯人役の刑事さんと
検証・再現して撮影した。
現場に一緒に行って
正確な場所などを示したことも。


自宅まで送ってもらう

警察署に行ってから
帰宅までは6~7時間。

ぐったりすぎ (´;ω;`)ブワッ


送検された

犯人は身柄を拘束されることに。


犯人の弁護人から電話

「私〇〇法律事務所の〇〇と申します。
〇〇の代理人になりました。
このたびは申し訳ありませんでした。」

…と弁護人は謝罪し、
示談を申し出てきた。

「示談には応じません。」

それから何度かかかってきたが
示談はきっぱりお断り~!

※詳しい方の
アドバイスに沿って動きました。


東京地検から電話

担当の検事さんが
私からも話が聞きたいと。

検察からも取り調べられるのは
初めての経験!

日時が決まり、
部屋番号を教えてもらった。


再び警察署へ

担当刑事さんに呼ばれた。

ここで初めて
犯人の写真をみせてもらった。
(私が見たいと言ったから)

なにかの書類に目を通し署名・捺印

色々アドバイスしていただき
相談窓口も教えてもらった。

大変お世話になりました m(_ _)m


紛失届

事件で紛失したものがあり、
それは犯人も持っていない。

刑事さんに付き添ってもらい、
同署の別フロアーに
紛失届を出しに行く。

その物の特徴、価値などを記入。
見つかったら連絡くれるとのこと。
(お気に入りのアクセサリーで
結局未だに出てこず。)


上申書作成

検察に提出する手紙を書いた。
被害状況とその後の生活、気持ち。
犯人に対する思いと処罰感情。
٩(๑`^´๑)۶٩(๑`^´๑)۶٩(๑`^´๑)۶

家族にも書いてもらった。
私に落ち度がなかったこと、
大切な家族が傷つけられて、
自分のことのように苦しい、厳罰を望む。

※特に書く必要はないけど
 ここは自分の判断で提出することに。
手書きです。φ(´・ω・`;)


検察での取り調べ

※これはある人とない人がいます。

初めての東京地方検察庁 ✧

ドラマでみるような部屋でしたぁ~!
広めの部屋に
担当検事さん1人と事務官1人。
かなり若い男性検察官だった。

この手の事件の中では悪質だから
普通よりも多く犯人を呼び出して
取り調べているが

最初は反省していなかった 

と言われた。


犯人からの謝罪文を
渡された。

反省している、被害弁償したい。
示談に応じて欲しい旨。

検察官 「これ、どうしますか?」
ジャジィ 「気持ち悪いのでいりません。」
検察官 「そうですよね~w」

上申書を提出。

良く書けてるので証拠として残します、と。
褒められた~(〃∇〃)☆

被疑者との言い分が違うところを聞かれて
どういう処分の可能性があるのか、
釈放される場合はいつか、など話した。

30分くらいで終了。


検事さんから手紙が届く


略式起訴で
有罪の罰金刑になった。

一応前科にはなるようだ。
男は20日間身柄を拘束され、
罰金数十万円を払い、自由の身に。



被疑者(犯人)、検察官のとこに入れた名前はてきとーです!

『 被疑者〇田〇男に対する〇〇事件
(事件番号 平成25年検第〇〇〇〇号)は
平成25年〇月〇日、
東京簡易裁判所に
起訴(略式請求)したので通知します。 』

略式起訴についてとーっても詳しく載ってます↓
http://makotti.com/archives/2230.html

この事件は裁判所で裁かれることはなかった。

普通に起訴された場合、犯人は
保釈がなければ、
ずっと勾留され裁判になります!
 

実はこれで終わりではなく、
色々あったんだけど
ここまでにしておきます (´・ω・`;)


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

Jazzyはまだ当事者として

裁判の経験はありません。

略式起訴で終わった事件の
被害者体験談はこんな感じー!

被害者も取り調べとか 
かなり、かなり大変だということが
分かっていただけただろーか ( ;∀;)

この事件の翌年から
私は裁判傍聴にハマることになる。

自分が経験したのと似た事件には
特に関心があり、
判決がかなり気になります (・ิω・ิ)

またの機会に、別事件体験談を
UPしたいと思いまーす!


こんな事やあんな事~
いろいろあるよ!!!

・痴漢を捕まえて目撃者として事情聴取
・友人が強姦事件でっち上げ!
証人として巻き込まれる
・ストーカー被害(元カレ2、知らない人1)
・露出狂に遭遇 何回も(国内外)
・激しいナンパ、付きまとい被害 色々
・空き巣被害(職場&寮)
・盗難被害 色々
・捜索願を出され探され見つかるw
・のぞき、盗撮被害
・友人兄が毒殺された事件
・友人、知人の逮捕(薬物、詐欺、傷害、強姦)


などなど (;・∀・)




0 件のコメント:

コメントを投稿