このブログを検索

2015年5月23日土曜日

新宿リンチ殺害事件 第1回公判

2015年5月12日
10:00-16:00

東京地裁815号法廷
平成26年刑(わ)第1303号等
傷害(変更後の訴因:傷害致死)
刑事第7部ABD係

被告人
関香織、高橋愛美、篠塚佳那、橋本知子こと勝又香

裁判長:杉山愼治

初公判です!

事件まとめ、沢山報道されていたので
こちらどうぞ↓
http://matome.naver.jp/odai/2140222881278987201

大きい法廷です。傍聴席は約40席。
最前列中央の8席はなぜか使用不可です。

https://m.youtube.com/watch?v=J-uViAIfDgI

4人が一気に裁かれることになったこの裁判。
複数人の犯行だと、こういうのよくあるけど…

この裁判は、

4名の被告人に、それぞれ2名の弁護人。

そして1人につき2人の刑務官が付きます。

法廷はぎゅうぎゅう です!


こんなぎゅうぎゅう、キツキツの法廷初めて~w

しかも、4被告、誰一人として痩せてない!

逮捕時の写真をみて、全員そろってぽっちゃりだなと思いました。

拘留生活約1年・・・一人も痩せないという。。

ストレスとかって (´・ω・`;)???

Jazzyは午後からの参戦なので・・

冒頭陳述は聞いてないです。

傍聴したお友達の話によると・・・

4被告人は、糖尿病の持病がある被害者に暴行。
それが原因で
糖尿病ケトアシドーシスを発症させ
死に至らしめた。


弁護側は「暴行と死の因果関係は薄い」 とした。


午前中は、実際に使われた凶器が登場、ビニール袋などに入っておらず、
そのままの状態で裁判員さんらが実際に手に取って見ていたらしいです。


午後も引き続き合意書面の説明です。


【ツイキャス配信動画】

被告は被害者に暴行を加える様子を撮影し、
ツイキャスでライブ配信していました。

その動画ファイルが登場~!

2014年5月19日のものです。

すごい証拠が見れるのね~!とテンションあがりましたが、
大きいモニターには映さず、法廷内の人だけが見てました。
傍聴人は音声だけ。

【高橋被告のスマホ内動画ファイル】

これも傍聴人には見せてもらえませんでした。
動画ファイルからきりとっと静止画が何枚か提示されたようです。


【被害者の病状と入通院歴】

平成10年(16歳)糖尿病と診断。
以後、通院や入院を繰り返す。

かなり細かく、病状、処方された薬、病院名、
緊急入院の時の様子が説明されました。


【被告の前科前歴】

4名とも前科アリ。 沢山の人もいます。


✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿・✿

証人 木林先生

女子医科大学主任教授
昭和62年から司法解剖を行っていて、2000件の実績っっ!
本件被害者タエコさんの鑑定書を作成しました。

死因は 糖尿病性ケトアシドーシスによる
急性肺炎である。

解剖で被害者は糖尿病性と診断。 肺炎も認められた。

その他の死因はありません!

外傷は沢山あったが、どれも高度ではなく、死ぬほどではない。

外傷は頭部、顔面、四肢(両手両足)、胸部、第2度熱傷、
硬膜下血腫、皮下組織の挫滅(強力な力で打撲を受けたのではない。)

いずれの外傷も臓器損傷を伴っていない。
(脳、心臓、肺などが損傷を受けると機能しなくなって死亡する。)

被害者には皮下内部組織間出血が認められた。
※皮膚の直下(脂肪組織)が出血すること。
外力を受けたときに生じるが挫滅はない。

頭頂部(頭のてっぺんの左側)に擦過打撲症。
鈍器・鈍体(かなずち、机など)による打撲が認められた。
頭部硬膜下血腫(頭蓋骨の硬膜の中に出血)は小さく、
致命傷ではない。

外傷は糖尿病を悪化させるケトン体を増やすので
死因に悪い影響を及ぼすが、
暴行がなければケトアシドーシスを起こさなかったとは言えない。
死因はあくまで病気。

ケトアシドーシスと暴行の因果関係は、はっきり分からない。

被害者の過去2回のケトアシドーシスによる入院時は外傷はない。

ケトアシドーシスで必ず死亡するということではなく救命される人もいる。
死亡率は1~10%。

被害者は徐々に亡くなられた。
ケトアシドーシスになってから死亡するまでには時間がけっこうかかる。

頭の中が「ケトアシドーシス」でいっぱい

弁護人
被害者が糖尿病ではなかったら、
暴行で死亡することはなかったという事ですね?

教授 「その通りでございます!」

ケトアシドーシスになって、医療を受けれなかったら死亡しますか?

「はい。死にます。」


ケトアシドーシスになった主な原因は
被害者がちゃんとした治療を受けていなかったから。

意識がなくなって、心肺停止する前だったら救命できた可能性は高いが、
被害者は心配停止後に搬送された。

16:00閉廷

罪名は 『傷害 変更後 傷害致死』 となっていましたが、
今日の審理を聞いた限りでは、検察側の証人が死因は病気だと断言・・・
ここからどうゆーふうに暴行と死因の因果関係を立証していくのでしょうか。。
続きが楽しみな事件ですっ!

裁判員裁判で色々と問題になった「残酷な証拠写真」
今回は、実際の暴行の様子のビデオが裁判員に見せられた。
被害者の外傷の様子を撮影した写真もたくさんです。
それは傍聴人には公開されなかったけど、
ジャジーは検察側の最前列に座っていたので、
写真(映し出された画面ではなく紙の状態)が見えて、ほとんど見た( •̀ㅁ•́;)

このような証拠写真を裁判員に見せるかは裁判長の判断らしい。
また、どうしても見たくないって人は事前申請で
見なくても良いって事になるはずだと裁判員経験者が言っておりました。

余談ですが・・・この法廷、暑すぎなの。
スーツ着てる検事さんと弁護人かわいそう。
熱中症患者が出るレベルの暑さっっっ!


この記事の完全版は
メルマガ 「Jazzyの裁判傍聴記♡」 
配信っっっ! 

と~っても詳しく、凄惨な事件の状況を
被告人らが語ります。

ツイキャスの内容や被告人らの前科も記載。

購入月の配信記事は全て読めますよ。
初月無料なので試しにど~ぞ!

レジまぐ商品の購入はこちら! 
 ٩(๑´3`๑)۶


2016年2月以降に
メルマガ購読スタートの方は
e-BOOK「Jazzyの裁判傍聴記」
こちらの記事の完全版をチェーック!

レジまぐ商品の購入はこちら!


★新宿リンチ殺害事件★

第1回公判(証拠開示、司法解剖医)
第2回公判(永井医師、関被告人質問)
第3回公判(関、高橋、篠塚被告人質問)
第4回公判(高橋被告人質問)
第5回公判(勝又、関被告人質問)
第6回公判①遺族陳述






0 件のコメント:

コメントを投稿