このブログを検索

2015年4月20日月曜日

【強姦】常連客とカラオケの後で…③

2015420
東京地裁 713号法廷 1500
強姦 判決

色々おもしろかったこの事件、
今日が判決です!

前回、前々回の裁判の様子はこちら↓

弁護側からの証人請求と、
検察からは被害者の書面での
意見陳述を申し出ていて採用されたので、
本当は前回判決だったんだけど
審理が再開され、という感じの
今日の公判です。

まず、弁護側の証人で
被告のお父様が証言台に。

被告の母親が、今回の事で
体調を崩していたので、
なかなか出廷できる状態ではなかった。
上申書で対応したかったが無理との事で
今日は遠方から来ていました。

弁護人
どんな息子さんですか?
「素直で優しい息子に育てました。」

事件を知ったときどう思いましたか?
「なにかの間違いだと思いました。
妻には言えなくて一人で悩み、
眠れない日々でした。」

息子さんとお酒を飲まれたことは?
「息子の友人を交えて飲んだ事もあります。
飲むと陽気になって場を盛り上げるタイプ。
他人に迷惑をかけたことは一度もない。」

今回の問題点はどこにあると思いますか?
「酒に飲まれた事だと思います。
申し訳ないと思っています。」

またこのような事が起こらないようにするには?
「店をたたんで実家に連れ戻し、
酒を飲まないように監督したい。
私も酒をやめます。
2人で再出発したい。息子の指導、監督を誓います。」


検察
息子さんは、覚えていないが
やってないと思うという話なんですが、
もし有罪になったとしたら、
それでも信じますか?
「息子を信じたいと思います。」


【被害者Aさんの意見陳述】

弁護側が必要なしと異議を出していたが、
裁判所一部を認めた。

第1,2,6段落は本件と関係ないので
必要なし。
第3,4,5段落と末尾は要件を満たすので
認めます。

検察官の朗読、早かったので
ほとんど書き取れず・・
ちょっとのメモと記憶で、
なんとなく こんな事です。

塀のなかで今までこんなに
沢山考える時間があったはずなのに、

1mmも反省していない。

謝られても許せないが、ちゃんと罪を認めて
謝罪して欲しかった。
お金が欲しいわけではないが
民事訴訟を起こして、
損害賠償請求をすることにした。

とことん苦しめばいい。

厳重な処罰を求めます。

【最終弁論】

お父さんは、被告を実家に呼び戻して、
一からやり直させると誓いました。
両親ともに〇〇(かたい職業ね)で、
監督能力、意志が十分にある。
今後トラブルを起こす可能性がないのは
優に期待できる。

【被告人最終陳述】

前々回話した通りです。
(本当は前々回で審理が終わりだったので、
その時と同じってことです。)

これで結審。

【判決】

主 文

被告を懲役3年6月に処する。

拘留期間の100日をこれに算入する。

被告は以前から好意を抱いていたAさんに
キスをするなどし、
断られたことから強姦しようと考え、
店内のシャッターを閉めた上、
「絶対に帰らせない。」と言い、
泣いて嫌がるAさんを座敷間に引っ張り入れ、
押さえつけ性交した。

Aさんは被告の店の客であった。
被告、B(男友達)、
C(女性客)と4人でカラオケに行き、
BCが先に帰ると、
Aさんと共に店に戻った。

2日後にAは婦人科と診療内科を受診して
緊急ピルを処方されており、
また、慢性胃炎、吐き気などの症状がありPDSDと診断され、
精神安定剤、胃薬を処方された。
その後警察署に被害届を出した。

Aはカラオケ店で被告に告白されて
キスをされた。
その後、被告と二人でカラオケ店を出て
バーに戻る。
「中で話そう。」と言われ入ると、
カウンターで正面から顔を押さえて
キスをされた。
抵抗したが止めず、泣いているAを押さえ
シャッターを閉めた。
Aは怖くて体が動かなくなった。
被告は「泣いてる顔も可愛いね。」と言い、
座敷に連れていき、仰向けに寝た。
Aは、被告に何を言っても無駄だという
絶望感から抵抗を止めた。
被告は自己の陰茎を口淫させ性交した。

・弁護人が言っていた「レイプまがい」
    については、Aが医師
   「レイプまがいな事をした。」と
     言ったらしい?
・・・ここ、ちょっと分からなかったです。
・診察室に入った途端に泣きだし
   PTSDの症状。
 強姦被害が認められた。
Aの友人の証言では、
   クリニックで受診した日に
 泣きながら被害を告白された。

・被害後に店の前を通ったら、
 被告が楽しそうにしていたので
     許せなくなった。
・母親に知られたくなかったから
    被害届を出すのを
 躊躇した経緯は信用できる。
被告を陥れる動機が認められないので
   Aの証言は信用できる。

被告人は全体的な記憶が断片的。
性交はしていない。Aが翌日デートだと
話していたのは知らない、
陰茎の口淫は覚えている…
など、一部の記憶は鮮明で
一部は覚えていない。
被告人の証言は信用できない。

性交があったとしても、
それは合意の上だったとしているが、
脱出困難にして行った行為。
何を言っても通じないことが分かり
絶望したのが抵抗しなかった理由というのに
不自然さはない。
性交の前にキスを拒まれたこと、
「泣いてる顔も可愛いよ。」と
言ったことからも、
Aは同意していなかったことが分かる。
よって、反抗を抑圧した上で行った
行為である。

被害者の精神的衝撃が大きく、
重い処罰を望んでいる。

被告に前科前歴はないが・・・
なんたらかんたら。

で、1530閉廷。

・・・36ヵ月です。


とことん苦しめばいいという
Aさんの願いは叶ったでしょうか?
もっと苦しめって感じでしょうか(+_+)?
刑事罰+これから金ですね。

裁判所は被害者の証言を全面的に
信用しての判断でした。
うーーーーん。
そうですか、そうですか(~_~)

見終わって、とっても暗くなりました。

ちなみに今日はズバズバ美人検事さん
いなかったです。

☆追記☆
これが100投稿目でしたーーーっ!
イエーーーイ٩(♡ε♡ )۶

☆追記☆

この被告人は控訴しました!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿