このブログを検索

2015年4月5日日曜日

【オウム】高橋克也 第37回公判②論告Ⅰ・VX

まずはVX事件で野村検事の登場よっ★
論告を読み上げるのに原稿を置く台が設置された。譜面台みたいなやつ。

野村さーん!指揮者みたーい♡
このイラスト、今までで1番時間かかった(^_^;)
多分1時間くらい!!!!
いつもは大体2分〜10分で仕上げます。


オーケストラって感じ~♫ ステキー٩(๑´3`๑)۶

はい、論告っっ!!!!!

多数の証人が証言したが、証言は大きく食い違ったものだった。
記憶は薄れていくものだし、過去に何度も証言した者とそうでない者では差があり、食い違うのも仕方のない事。
判断を誤らないために客観的な証拠が必要。

被告が関与している4つの事件全てにおいて
有罪は間違いない。


事件ごとの情状

VX事件

VX事件の焦点は殺意と共謀の有無
■殺傷力を認識していたか
■意志を共有していたか

   VXは少量で人を殺す兵器
・一度目の水野さんの時だけ効果がなかった。
・浜口さんには針が刺さり、すぐに効果があった。
・永岡さんは2時間で激しい痙攣。
・少量でも効果が高い上、襲われたことに気付かない強力な殺傷力の暗殺兵器。

   VXが教団で製造されている
・製造・使用は高橋に秘密にされていなかった。
・麻原の説法でVXについて説かれていた。
VXとサリンの製造は限られた者のみが知っていた。
・水野さん事件の時に被告はVXが教団で作られていて、敵対者にかけると認識していた。
・なぜ被告には秘密にされていなかったのか?
被告は麻原に暗殺部隊の一員と認められていたからである。

■殺意が認められる点■

・麻原の指示で“教団の敵対者を暗殺せよ”。全員がポアすると認識していた。
・新実、井上が麻原から指示を受け、それを共犯者に伝えた。
・共犯者や被告がいる場面で度々 “ポア” という言葉が出ていた。
 中川証言: ホテルでの中川と山形の会話「都会ではポアできない。」
 平田悟証言:「水野という老人にVXをかけてポアすることになった。」
 井上証言:「麻原からの指示を、あえて高橋に伝えない理由はない。」
 “相手をポアする事” と認識していた。


最大の争点
■殺傷力があることを認識していたか■

【水野さんの結果の認識】
2度目にかけた後、救急搬送された事を認識していた。
・高橋だけが知らなかったのか?
…あえて高橋にだけ知らされなかったことはない。
・井上は水野さんがICUに行った事を伝えたと証言。
・新実と中川証言:「全員がいる所で(今川の家)、“あごが外れて泡をふいた。ポアできたのではないか” と井上が言った。」
・この盗聴で得た結果は高橋にも伝達された。
・井上と山形の証言は信頼できる。

【ホテルコンソルトでの会話】

山形「水野さんはどうなった?」
中川「ICUから一般病棟に移ったみたいだ。ポアできなかったんじゃないか。」
新実「救急車がきたら助かってしまう。」
…早期に治療すれば助かってしまう=遅ければ死ぬ
即死させる必殺兵器ではないが殺せると認識

高橋は地図に集中していて話を聞いていなかったと証言。

話し合われた内容とその順番
(そこにいた5名の証言)
    井上、新実「浜口は公安警察のスパイ。ポアする。」
    水野さんの話題。都会でかけてもダメなのでは。
    井上、新実、中川 証言:「車のハンドルに塗る、道場でかける、浜口さんが一人になる時を狙う、救命されない方法が話合われた。」
    「ホッホッピュ」とジョギングを装ってかける。
    浜口家を地図で確認、段取り。

VXの効果、襲撃方法の提案の後に地図が出てきた。
一切聞いていないのは不自然。
被告は、治療されなければ死ぬと認識していた。

【中川の役割】
・水野さん、浜口さん事件で中川は医療道具一式を持参。
・高橋は中川が医師ということを知っていた。
・酸素ボンベがあったことも認識。
・山形、井上証言では、中川が “皮膚に付いた場合・・”と説明している時に高橋はいたと言っている。
・被告は注射の練習もしていたし、永岡さん事件の前に中川から注射を頼まれた。
→中川が治療役として参加していたのは知っていたはず。

【VXの効果は少なくとも認識していた】
・永岡さん事件の直後、匂いを嗅いだといてAHIPAMを打ってもらっている。PAMを頼んだのは高橋に違いない。
「どっちでもいいが念のため」と言っているが匂いを嗅いだくらいでAHIに行ったのはVXの殺傷力を認識していたから。
・浜口さんが死亡したという結果を他の者にも伝えるように麻原から他の者にも伝えるようにと中川に伝達されたはずだが、中川、井上も伝えたか覚えていない。高橋にだけ隠されていた事実もない。

■殺人の共謀■

【高橋は暗殺部隊の一員】
・新実、井上は「高橋は麻原にメンバーとして選ばれた」と証言している。
・この事件で実行役の山形だけではなく、高橋も評価され褒章としてステージが上げられた。

【高橋がいる場面で重要な謀議】
・井上、新実、中川らによって計画が話された時には必ず高橋も参加していた。
浜口事件では運転役として重要な役割を果たした。誰にも気づかれずにVXをかけて離れたり治療道具を運搬するのに車はなくてはならないもの。
永岡事件では実行行為に準ずる重要な役割を果たした。被告が傘を使うことを提案。山形をせかし、VX入り注射器の入ったビニールのチャックを開けた。そして傘で視界を遮断するという重要な行為を担った。

被告は暗殺を工夫して積極的に実行した。麻原の指示は自分が速やかに解脱する為の修行とし、自己の利益を得るために、自己の判断で関与した。

浜口事件では殺人
永岡事件では殺人未遂である。


こ、これまとめるの大変すぎ( ´Д`)ノ<わーーーー
論告強敵っっっ!
でも自分の中でものすごく整理されて理解が深まります☆
 やっぱりブログ始めて良かったよ〜!

続いて仮谷事件~。
http://jazzytokyo106.blogspot.jp/2015/04/37_5.html?m=1

0 件のコメント:

コメントを投稿