このブログを検索

2015年2月19日木曜日

【オウム】高橋克也 第19回公判 新実智光証人 地下鉄サリン事件

2015年2月18日
東京地裁 104号法廷
高橋克也

証人 新実智光 死刑囚

今日も朝から雨ですが気合い入れて行ってきますたーっ!!!
毎日裁判生活にも慣れ、すっかり朝型人間に(〃艸〃)ムフッ
でも眠いよ 常にっっ!

新実ってどんなやつ~?


新実智光 現在50才
自治省の正大師
入信は昭和62年


池田大作事件、松本サリン事件、VX事件等に関与。

地下鉄サリン事件では林郁夫の送迎役。
2010年に死刑確定


はきはきとしているが舌足らずで子供ぽい喋り方。

なんか面白いってゆーか、ちょっと変( ̄▽ ̄;)



3月19日 午後

外崎が第6サティアンに来た。
村井から電話で、新実、杉本、外崎、北村で東京へ行けとの事。
このメンバーは全員自治省の次官。

この時、運転のワークとも聞かされてなかった。
何泊かも知らされず、とにかく東京へ行けだけだった。

杉本を探したけどいなかったから とらあえず出発。
東京に着いたら井上に電話しろとの事で携帯番号をもらう。

7:00頃 都内のファミレスにつき、高橋克也が迎えにきて渋谷ホームズに案内された。

この時渋谷ホームズには初めて行った。

科学技術省の人達が着替えたりシャワーを浴びたりしていた。
「いわゆる、変装だと思った。」

井上から説明があると思い、どんな事をするのかは誰にも聞かなかった。

井上が興奮して登場!

「明日新聞に載るよーな事やった~♪」

新実 「何やったの~?」

井上 「秘密 秘密~♪」

新実は井上を小部屋へ誘導。「秘密秘密♪」+これから何をやるのかを知りたかった。
井上とはVX等の非合法活動を一緒にやった同志だから教えてくれると思った。

島田邸爆発と青山道場の自作自演をやった言った。
  
※青山総本部に火炎瓶を投げて、オウムが襲撃されたと装う自作自演事件

そして、強制捜査を阻止するために地下鉄にサリンを撒くと言った。

新実はサリンの隠語「サリーちゃん」などを知っているが、この時井上は隠語ではなく、「サリン」と言った。



遅れて郁夫が入ってきて全員揃ったところで井上が説明を始めた。


井上を中心に円になり車座。 高橋被告もいた。

皆座っていたが新実だけ腹ばいに寝て話を聞いた。

井上 「強制捜査を妨害するために地下鉄に ”もの” をまく。」

サリンとは言わなかった。何をまくのか質問する者もいなかった。



郁夫らと下見、車受け取り等


3月20日 犯行当日


上九にサリンを取りに行った実行役が戻ってくる

ホームズに残っていたメンバーは寝ていた。高橋も寝ていた。



豊田がサリンを配り始めた。
「みなさん、取にきてください。」 または
「みなさん、ものを取りにきてください。」

弁護人 「豊田は、”みなさーん!サリンを取りにきてくださーい!”と大きな声で言いましたか?」
新実 「いや、言ってないです(笑)」

この場面で高橋は部屋にいて起きていた。

朝 5:00過ぎ

郁夫を乗せ出発。グロリアに乗った。

「どうやって撒くの?」
「傘で刺す」

新御茶ノ水駅で郁夫を降ろした。

ゴミ袋、スリッパ、ペットボトルの水をコンビニで買った。

スリッパは、サリンがもし靴に付いたら履き替える用。ゴミ袋は2重にし、水もその中に入れた。

全て自分の考えでやった。誰かに指示されたわけではない。

8:00すぎに郁夫を新御茶ノ水駅でピックアップ。

「うまくいきましたか?」
「うまくいった」

ペットボトルに傘をつけゴミ袋へ。

走り出して4つある窓を全開にした。 気化したサリンが車内にこもって被爆するのを避けるため。
  ・・・新実は「中毒」ではなく「被爆」とうい言葉をよく使った。

窓を開けたのも自分の考え。



渋谷に戻り、高橋、外崎、杉本、新実の4人で神宮外苑の信徒の所に車を返しにいた。
4人4台でいき、3台を返し 一台に乗って渋谷に戻った。

広瀬が北村に抱えられて最後に戻ってきた。
かなり具合が悪そうだった。

TVで地下鉄で人が倒れている場面を見た。
グルの意思を実行できて嬉しかった♡



尊師に報告

杉本、泰男、新実

尊師「今日の事はポアだからな」

おはぎと桃ジュースをもらった。
    ・・・ジュースは桃だったのか!

新実はいまだに麻原の事を「尊師」と呼び強い帰依を表した。

スラスラと宗教的な事を語る語るっ!

・マハームドラーとは「空」を経験すること。
神秘体験の一種。
マハー・・・大いな
ムドラー・・・空

・どんな事に直面しても心が動かない事。
辛い事を体験したり、グルからの指示をこなす事で速やかに成就する。

グルの意思が達成できて嬉しい。
救済の一貫だったと今でも思っている。
真実は神のみぞ知る!

・尊師は「グル」。自分を導いてくれる魂。

・亡くなった人の魂はポアした。魂が高い世界に移し変えられたということ。

クンダリニーの覚醒、マハームドラーの成就で 尊師に神秘力があると信じていた。

・自分自身の意識がポアされたのを経験したから、他の人にもできると思っていた

・葬式で人々のカルマを受けた

弁護人「オウムとは全く関係なく、修行もしたことのない人達の命を奪うのがなぜ救済なのか?」

新実 「因果応報 によってタントラヴァジラヤーナの苦痛エネルギーを受け取る事で、カルマがなくなって高い世界へ行けると確信していた。 人々のカルマを受け取るという事。

・・・頼まれてもいないのに関係ない人を救済ですか???


・上九から実行役が戻ってきてから出発までは10分くらい。かなりバタバタしていた
・初めて傘を見たのは車。マンションでは見ていない
・郁夫は車内では特になにもしていなかった。駅に着いてから新聞を買った
・注射は実行役のみに配られた
・車は杉本が決めた
・新実は井上よりもステージは上だが井上は一軍選手。重要度は上で指揮役。
・ビニール袋をどうやってあけ、サリンを気化させるのかは傘を見ても分からなかった
・水の用意など、全く指示されていない
・水で無毒化すると誰かから聞いて知っていた。3月20日のどこかで聞いたわけではなく、もっと前から知っていた
・時間が押し迫っていたし、知らない道だったので運転の事で頭がいっぱいだった
・非合法活動だから頭がいっぱいだったともいえるが、そうじゃないときでも慣れない仕事の時はそうなる時もある

争点である
「高橋がサリンを知っていたか」について
 
・豊田がサリンを配っているとき高橋は遠巻きで見ていた
・運転役は送迎が仕事なので、運転手として、何を撒くかは重要な情報ではなかった
・井上が「ものを撒く」と言ったときは10名全員いた
・井上は盗聴されていると警戒していたから「サリン」という言葉は使わなかった
・運転手役が「これがサリンか~」と言った場面はない
・泰男が「サリンがもれてるー!」もない
・結局、「サリン」という言葉を聞いたのは井上と2人で小部屋で話したときだけ
 この記憶は3月19日当時から変わっていない。自分の公判でもそう証言した。



今回 新実死刑囚から謝罪は一言もなかった。
救済だと思ってるのだから謝るとかはないかっっ

0 件のコメント:

コメントを投稿