このブログを検索

2015年2月17日火曜日

【オウム】高橋克也 第17回公判②広瀬健一証人 地下鉄サリン事件

2015年2月16日

高橋克也裁判
地下鉄サリン事件実行犯の広瀬健一 証人尋問の続き



3月20日

渋谷に戻ってから。。

部屋で豊田がサリンを配る
「皆さん、サリンを取りにきてください!」
かなり大きな声だったので、隣人に聞こえるのではないかと心配になった。

実行犯かサリンを取りに行くと、送迎役何人かが付いてきてサリン袋を覗きこみ
「これがサリンか~」

林泰男が「漏れてる!」と叫んで袋を高く上げた。
内袋が破け液体が漏れていた。

林郁夫が注射を配った。「中毒症状がでたらどこでもいいから注射してくれ」

6:00
北村の運転で出発 四谷駅で降りて池袋に電車を乗り継いで行った。

7:00
池袋に到着。しばらく時間をつぶす。

7:30
丸ノ内線ホーム。

7:50
手袋をはめ、目的の電車に乗った。
進行方向 前から2両目。
サリンは新聞紙に包み黒のショルダーバッグに入れてあった。
すぐにサリンを取り出そうとしたが 音を立ててしまったので中学生に気づかれ振り向かれた。
茗荷谷で降り、やりやすそうな車両に移動。
座席側面の板に沿うかたちでサリンを床に置いた。
包んでいた新聞紙はバッグのなかで解けてしまったのでむき出しの状態だった。

マントラを唱え、その時を待った。

御茶ノ水に到着。

ドアが開いた時、傘で袋を強く突いた。手にかなりの衝撃が伝わってくるほどだった。

下車し北村と合流。中毒症状でろれつが回らなくなった
買っておいた水で傘の先端を洗いトランクに入れた。
右足が2~3回痙攣した。 郁夫に渡された注射を左腿に打った。

渋谷のマンションエントランスで井上と新実が待っていた。

部屋に戻り、郁夫の指示で服を脱ぎ、ビニール袋にいれた。右腕にパム打つ。

井上と外崎がポータブルテレビでニュースをみていて、事件の事がやっていた。
林泰男に向かって「イシディンナ師やりましたね!」と大声で言った。

横山、北村もパムを打ってもらっていた。

傘や服などを処分する班と上九に戻る班で別れた。
広瀬は上九に。

17:30
豊田、横山と共に村井と麻原に報告。

麻原
「科学技術省にやらせるとうまくいくな。
ポアは成功した。シヴァ大神、全ての真理勝者も喜んでいる。」



広瀬は「地下鉄に乗っていた人が幸せの世界に転生した」と嬉しく思った。

麻原はマントラを1万回唱えるよう言った。


3月19日の尊師通達で広瀬は517日に清吾氏正悟師に昇格するとあった。
それにはマハームドラを成就しなければならない。
〇今川の家で高橋を見た記憶はない。渋谷に移動するときの車で初めてみた。
〇サリンを撒いても強制捜査の矛先を変えることはできないと思ったが ヴァジラヤーナの救済として行った。
〇平成63月 土屋がサリンの合成に成功した。
 当時、松本サリンは教団がやったものだと知らなかった。
〇自動小銃1000丁作る計画→1丁しか作れなかった
 炭疽菌→失敗
 ボツリヌス菌→失敗
 レーザー/プラズマ兵器→失敗
 潜水艦を作る計画もあった。

争点である「高橋被告がサリンについて知っていたか」について

高橋がいる場所で「サリン」という言葉が何度もでている。

〇井上「サリン撒く量 増えた!一人1リットル!」
〇豊田「みなさーん、サリンを取りにきてください」かなり大きな声で
〇運転役の誰か「これがサリンかぁ~」

捜査段階では渋谷のマンションで「サリン」という言葉がでたかどうか聞かれたことはなかった。

平成8年以降の取り調べで聞かれるようになったが言わなかった。

平成24年、高橋逮捕後の検察取り調べで初めて豊田の「サリン取に来て」を自供した。
それまでは豊田に不利になると思って黙っていた。
故意に話さなかったからよく覚えている。
豊田本人の裁判で自分でも言っていたから隠す意味もなくなった。


感想ですが・・
今までオウムの人達、何人か法廷で見てたけど、この広瀬が今のところ一番ヤバイと思った。
サリン袋突くときにマントラを唱えた、とか急な宗教的回心で魔境なんちゃら、とか
地下鉄に乗っていた人が幸せになった、とか…。あまり経験したことない恐怖を感じて、それは裁判所を出た後もずっと続き、ちょっと情緒不安定になるほど(*_*;

被害にあわれた方への謝罪の言葉は一応あったけど心がこもってないというか・・・

なんかとっても疲れる傍聴だった。。

0 件のコメント:

コメントを投稿